日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > りゅうちぇるの近影に話題騒然

テレビから干されて老け込んだ!? りゅうちぇるの近影がヤバすぎて騒然「先祖の写真?魂抜けた?」

りゅうちぇる公式インスタグラムより

 この老け込み方は子育ての心労だけではないかも?

 タレントのりゅうちぇるが6月13日に自身のインスタグラムを更新した近影が話題を呼んでいる。

「りゅうちぇるは頭にハットをかぶり、ポロシャツを茶色のベルト付きジーンズにインしたスタイルの全身ショットを披露。その顔は魂が抜け落ちたように無表情で、田舎のおじいさんが田んぼの周辺を散歩しているように見えました」(芸能ライター)

 写真を見たネット民からも「顔が死んでる」「これ、先祖じゃなくて現代の写真?」「道ですれ違ったら目を合わせたくない感じだね」と心配の声が上がる始末。

 また、りゅうちぇるは「ぼくの未来のためにはぼくが動きださないといけない」と意味深なコメントもしており、その真意は明かされていないものの「消えたよね」「疲れるほど、働いてないと思うけど 大丈夫?」「生活していけてるの?」と、タレント活動がうまくいっていないことが急激な老化の原因ではないかと見ている人も多いようだ。

 おバカ&不思議キャラでブレイクし、テレビに引っ張りだこだったりゅうちぇるだが、最近はメディアへの露出が激減し、ネットニュースなどで取り上げられるのもSNSの投稿のことばかり。その理由をテレビ関係者が語る。

「やはり、2018年にタトゥーを入れたことを公表したことが大きかった。そのことで苦言を呈したネット民に噛みついたことで大炎上。結果、“扱いにくいキャラ”というイメージが定着してしまった。スポンサーあってのテレビなのに、芸能人としての自覚なく自由に発言したことでオファーが減ったのは間違いない。彼女だったぺこと結婚し、16年に第一子が誕生しパパタレとして期待されていたのに、自らその椅子を手放してしまった形です」

 仕事が増えれば、りゅうちぇるの表情にも覇気が戻るかもしれないが、いっそのこと「不思議おじいさん」キャラで再出発してみては?

最終更新:2019/06/24 15:52
こんな記事も読まれています

テレビから干されて老け込んだ!? りゅうちぇるの近影がヤバすぎて騒然「先祖の写真?魂抜けた?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...…
写真