日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > じゃまおくんのWEB漫クエスト  > マッチョな女編集長が大活躍の異色作
じゃまおくんの「WEB漫クエスト」

マッチョな女編集長が大活躍! 次世代型編集者マンガ『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ』

文=じゃまお

人気作家の口説き方もスゴい!

c)ジェントルメン中村/講談社

「言ってみりゃァ文学賞のパーティーってのは…“感性の野獣”(ショウセツカ)” を捕まえるための狩り場よォ‼」

 受賞パーティーって、狩り場だったんですね! 全然知らなかった‼ それにしても「感性の野獣」と書いて「ショウセツカ」と読ませる当て字のセンスが尋常じゃないし、自分自身が野獣みたいに肉喰ってるこのシーンもスゴい。ただただインパクトしかない。

 今回のパーティーの獲物は、女流作家の江田良子先生。連載を取り付けるために取り囲むライバル誌の編集者たち。「大ファンです、先生の同人誌時代の作品まで読んでます!」「少・中・高の卒業文集まで読んでます‼」なんて口説きに入るのですが、江田先生には全然響きません。それどころか……

c)ジェントルメン中村/講談社

「卒業文集など、私には教師に強要されて書いた文章(ブン)‼ 何の思い入れもないし、読まれて嬉しくとも何とも無いわ‼」

 なんて逆ギレされて、取り付く島もない感じです。いやあ、『美味しんぼ』の海原雄山並みに面倒くさそうな先生ですね。そこに、我らがアマゾネスはどう動くのか?

c)ジェントルメン中村/講談社

「少しお時間いただけないですかね、江田良子先生…否、『AYASHI好き好きはんぺん娘』さん‼」

 なんと、先生が15年前にアイドルグループ「AYASHI」のファン掲示板にカキコしていた時のハンドルネームで呼びかけたのです。それだけだったら黒歴史の暴露みたいで恥ずかしいだけですが、実は同時期に編集長も「AYASHIに夢中なうさぎっ子」のハンドルネームで活動しており、その頃からずっと先生の文体に注目していたというのです! なんという先見の明‼

123

マッチョな女編集長が大活躍! 次世代型編集者マンガ『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真