日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > じゃまおくんのザオリク的マンガ読み  > マッチョな女編集長が大活躍の異色作

マッチョな女編集長が大活躍! 次世代型編集者マンガ『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ』

豪快すぎる業界用語の当て字の数々

c)ジェントルメン中村/講談社

「素敵(うまそう)な文体(エモノ)は決して忘れぬ、それが編集者(ハンター)って生き物(モン)ですから‼」

 豪快な当て字だらけのセリフがガツンと決まり、意気投合。見事に江田良子先生を口説き落としたのです。

c)ジェントルメン中村/講談社

 ピリピリムードから一気にホッコリムードへ、そう毎回マッチョな展開から必ずホッコリしたオチを迎えるのがジェントルメン中村先生の匠の技(ワザ)です。え? 画的には全然ホッコリしてないって⁉ コマの中に「ホッコリ」って描いてあるんだからホッコリしてんだよ‼(強引)

c)ジェントルメン中村/講談社

 あと、すでにいくつか紹介済みですが、このマンガは豪快すぎる業界用語の当て字が多数出てくるところも魅力です。「茶坊主」と書いて「イエスマン」、「編集」と書いて「タントウ」、「武器」と書いて「コトバ」、「戦友」と書いて「アイボウ」などなど、いちいち言い換えるのが無駄にカッコいいです。さすがに「編集」って書いてタントウって読ませるなら、初めっから「担当」って書いとけよって気もしますけど、ここでツッコんだら負けです。

 というわけで、次世代型編集者マンガ『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ』をご紹介しました。「働く女子を応援(ハート)」というテーマになってますけど、男子が読んでもモンスターエナジーを3本一気飲みするのと同等レベルで元気になれる要注目マンガです。(文=「BLACK徒然草」管理人 じゃまおくん <http://ablackleaf.com/>)

●『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ

●ジェントルメン中村@gentlemennkmr‎

最終更新:2019/06/20 13:30
123
こんな記事も読まれています

マッチョな女編集長が大活躍! 次世代型編集者マンガ『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

 サイコーに熱い映画が、福岡からやってきた! 例えるなら、福岡県民のソウルフードであ...
写真