日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ギャル枠はみちょぱVSゆきぽよ

ギャルタレントの生存競争が加熱! 業界内評価はみちょぱに軍配……ゆきぽよは意外と常識的でつまらない!?

ゆきぽよ公式インスタグラムより

 若槻千夏や木下優樹菜の時代から、バラエティー番組の世界にはつねに1人や2人の“旬なギャルタレント”が存在している。最近であれば「みちょぱ」こと池田美優や「ゆきぽよ」こと木村有希が“旬なギャルタレント”となるだろう。あるいは、見た目はそこまでギャルではないが、藤田ニコルなども同様の立ち位置となる。

「ここ数年のバラエティー番組は30代〜40代以上のおじさん芸人がメインの出演者となることが多く、そんな中で“イマドキの流行に詳しい人”という役割でギャルタレントが求められる。それに、テレビの視聴者には、地方のギャル文化やヤンキー文化に親しみがある層が多く、そういった人々からの共感も得られるという意味で、ギャルタレントは重要です」(バラエティー番組関係者)

 現在のギャルタレントの中で、制作サイドからもっとも信頼されているのは「みちょぱ」だという。

「ルックスは派手だけど顔は童顔で親しみやすく、いい感じに笑えるおバカ発言をしてくれる。時にはぶっちゃけてくれることもあって、とても計算できるギャルタレントですね。藤田ニコルと並んで、とても使いやすい」(制作会社関係者)

 その一方で、決して評価が高くないのが「ゆきぽよ」だ。

「ゆきぽよは、見た目こそ典型的なギャルなんですが、話し方や話す内容は意外と常識的なんですよ。トークの返しなんかも結構普通で、意外性が感じられない。バラエティー番組が求めるギャルタレントとしては機能していないんです。制作側からすれば、もっと突拍子もない面白さがほしい。芸人からは出てこないような、ギャルらしい不条理な笑いがほしいのに、ゆきぽよはテレビタレントっぽくまとめようとしてしまうんですよね……」(同)

 読者モデルとしてデビューし、さらに恋愛リアリティー番組『バチェラー・ジャパン』にも出演するなどして、人気となったゆきぽよ。

「どういった経緯でバラエティー番組に出るようになったのかが、イマイチ世間に伝わっていないんですよね。だからこそ、番組でしっかり結果を残さなくてはいけないんだけど、残念ながらそこまでの爆発力がない。このままではすぐに消えてしまうような気がします」(同)

 ゆきぽよが旬のギャルタレントの席を確保するには、世間を納得させられるくらいの強い武器を持つしかなさそうだ。

最終更新:2019/06/19 17:55
こんな記事も読まれています

ギャルタレントの生存競争が加熱! 業界内評価はみちょぱに軍配……ゆきぽよは意外と常識的でつまらない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真