日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ノンスタ井上、今度は騒音トラブル

ノンスタ井上、今度は騒音トラブルに好感度急落「コンプラ意識の低さ」で仕事激減の可能性

NON STYLE・井上裕介

 お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が、自宅マンションで深夜に大騒ぎをし、警察が出動する近隣トラブルを起こしていたと、7月18日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 記事によると、7月7日の深夜、井上は自宅で後輩芸人や女友達とともに焼肉パーティーを開いていたという。しかし、焼き肉の煙を屋外に逃がすべく、窓を開けていたところ、室内での騒ぎ声が漏れ、耐えかねた近隣住民が通報。警官が出動し、井上を注意したというのだ。

 この件について、井上は女性セブンの直撃取材に対応。笑顔を見せながら、事の顛末を説明し、「今後は、窓を開けてはしゃがないようにします」とコメントしている。

「深夜の大騒ぎで警察が出動する近隣トラブルは、決して笑えるレベルのものではない。しかも、過去にも同様に大騒ぎをして、警察に注意されているということで、まったく反省していないようにも見えます。たしかに、井上さんはポジティブキャラではあるけれど、こういう態度なのはどうかと思いますね。ちょっとトラブルメーカーというイメージが強いし、強いバッシングになる可能性もあるので、今後はちょっと番組なんかで起用しづらくなるのでは?」(テレビ局関係者)

 井上といえば、2016年12月にタクシーへの当て逃げ事故を起こし、謹慎していたこともある。当時の様子を知るお笑い関係者はこう話す。

「井上さんは、危機管理能力に欠けるところがあって、タクシーに当て逃げしたときも、事の重大さがよくわかっておらず、そのまま走り去ってしまったということでした」

 当時の会見で井上は、「当たったのではないかなという感じはあった」としながらも、「どこか自分の都合のいいように解釈して、当たっていないのではないかと思い込んでしまい、その場を離れた」と説明していた。

「ポジティブな性格というよりも、完全に都合よく解釈するタイプ。周囲から何か注意されなければ、何をやっても問題ないと思っている節があるのでは。この感じだと、いつかとんでもない不祥事をやらかすのではないかとも心配です」(同)

 タレントに対して、私生活でのコンプライアンス意識が強く求められる昨今。あまりにもポジティブ過ぎる井上が芸能界で生き残るには、根本的な意識改革が必要となりそうだ。

最終更新:2019/07/20 00:00
こんな記事も読まれています

ノンスタ井上、今度は騒音トラブルに好感度急落「コンプラ意識の低さ」で仕事激減の可能性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真