日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > エルトン・ジョン自伝映画
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.544

まるでカオナシみたいな音楽モンスターの自伝! 孤独な心が名曲を生み出した『ロケットマン』

エルトン・ジョンの自伝映画『ロケットマン』。アルコール&ドラッグ依存、バイセクシャルであることに悩む姿が赤裸々に描かれる。

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生をドラマ化したミュージカル映画『ロケットマン』(原題『Rocketman』)の公開が、日本では8月23日(金)から始まる。この映画は君の映画だ。親の愛を感じることができずに育った少年は、生まれついての音楽の才能を生かすことで自分の居場所を探すことになる。誰かに愛されたい、みんなに振り向いてほしい。そんな想いで曲を書き、ひとりぼっちになるのが嫌で、ステージ上で歌い続けた。この映画は君の映画だ。

 希代のメロディメーカー、エルトン・ジョンを演じたのは、英国人ならではの、伝統へのこだわりとシニカルさを感じさせたアクション映画『キングスマン』(15)で人気を得たタロン・エガートン。歌唱シーンも吹替えなしで演じて見せている。プロデューサーは『キック・アス』(10)や『キングスマン』のマシュー・ヴォーン。『キングスマン:ゴールデン・サークル』(17)にゲスト出演したエルトン・ジョン自身が製作総指揮。大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』(18)を途中降板したブライアン・シンガー監督の後始末を見事にやり遂げたデクスター・フレッチャーが監督、という座組みとなっている。

 道化師のようなステージ衣装を身に纏ったエルトン・ジョン(タロン・エガートン)が、禁酒会に参加するところから本編は始まる。禁酒会に現われたエルトンは、アルコールだけでなく、ドラッグ、セックス、過食……あらゆるものに依存していることをカミングアウトする。何かに依存しなくては、怖くてステージには上がれない。そんな身も心もボロボロのエルトンが、自身の過去を振り返ることで、物語は進んでいく。

123
こんな記事も読まれています

まるでカオナシみたいな音楽モンスターの自伝! 孤独な心が名曲を生み出した『ロケットマン』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真