日刊サイゾー トップ > カルチャー > ネット  > タレントYouTuber成功の秘訣は?
若手放送作家の「超YouTube学」8月号【1】

ヒロシを見習え!タレントYouTuberとして成功するための近道とは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

白武ときおさん(左)と長崎周成さん(右)

テレビ業界で最もYouTubeに詳しい新進気鋭の20代放送作家、白武ときお(『しもふりチューブ』)と長崎周成(『フワちゃんTV』)が、最新のYouTube事情と注目チャンネルについて語り尽くします!

――まずは、最近のYouTubeの傾向から教えてください。

白武 動画の尺が長くなってますね。2018年2月からYouTubeの広告収益の規約が「10分以上の動画には何個も広告をつけられる」っていう仕様に変わったんですよ。それでみんな、10分以上の動画を上げるようになった。昔は再生回数で何回回るかっていう競争をやっていたんですけど、最近はどれくらいの時間見られるか、長く見てもらえるかっていう勝負に変わってきている。

長崎 これまでと同様に刺激的な内容が人気の一方で、動画が長くなったのは、YouTubeにゆったりと見れる“ながら視聴文化”が根付いてきた面もあるのかなと思いますね。

白武 テレビみたいな見られ方をし始めてきている気はする。今までは電車の1~2駅分の隙間時間の奪い合いでしたけど、20~30分の動画もバンバン上げて、その分、編集も緩く、だら~っと見るみたいな感じになってますね。

長崎 それに付随して、視聴ディスプレイとしてテレビでもYouTubeが見られるようになったのは一番デカいのかなとは思いますね。親御さんもヒカキンTVを流していれば、泣いている子どもも食い入って静かに見てくれるので、とりあえず流しておくとか。

白武 子育て中のお母さんにとって、キッズ系のチャンネルはめちゃくちゃ助かってると思いますよ。『キッズライン・Kids Line』とか、要はアンパンマンとかトーマスのおもちゃで子どもが遊んでる動画を流していると、子どもは延々見続けてくれて手間がかからない。

長崎 ウチのいとこは「子どもにドラえもんとヒカキン見せとけば黙る」って言ってました(笑)。もはや、ヒカキンは国民的なキャラクターなんですよ。

12

モデルケースはヒロシ! タレントYouTuberとして成功するための近道とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ランボーシリーズ最終作日本公開

 シルベスター・スタローンの出世作『ロッ...…
写真
インタビュー

インタビューまとめ

 新年あけましておめでとうございます! ゴシップサイトとして名を馳せる日刊サイゾーで...
写真