日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 浜崎あゆみ小説に冷ややかな声

浜崎あゆみ、私小説が連続ドラマ化も”出来レース”すぎて業界内から冷ややかな声

浜崎あゆみ

 浜崎あゆみが、音楽プロデューサーで育ての親である「エイベックス」の松浦勝人会長との交際を初告白した私小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)が、来春にテレビ朝日で連続ドラマ化されることが16日に分かった。

 同書は、ノンフィクション作家の小松成美氏が浜崎への取材を基に歌手デビューからブレークまでのサクセスストーリーを綴ったもの。7月31日の発売から今月6日までアマゾンの書籍ランキングの「総合」部門で1位になるなど話題を集めている。

 もっとも、業界内からの反応は冷ややかなもので、お笑い芸人・今田耕司は自身がMCを務める17日放送の読売テレビ『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』で同書の話題に触れて、「これって世の中の人はビックリしているんですか?」とし、「(芸能界にいる)こちらの人間は、当時から誰でも知っていること」とコメント。

 浜崎が近年、全盛期ほどの活躍を見せていないこともあり、“話題作り”という見方が大半のようだ。

 そうした中、今月16日には幻冬舎の見城徹社長がトークアプリ「755」で、同書について、「映像化のオファーがたくさん来ている。某テレビ局で連続ドラマ化が決定しそうだ」と投稿。

 翌17日は、スポーツニッポンがテレビ朝日により来春の連続ドラマ化の話が進んでいると報じたわけだが、これがかえって話題作り疑惑に拍車をかけているという。

「そもそも、幻冬舎の見城社長は社外取締役を務めるなどエイベックスとは蜜月の仲。さらに、今回同書のドラマ化を進めているというテレビ朝日にも、放送番組審議会の委員長を担当するなど太いパイプを持っていますからね。結局、出てくるのが浜崎の身内ばかりで、出来レースなのが見え見え。業界人なら自然と、きな臭いにおいを感じざるを得ませんよ」(大手芸能事務所マネジャー)

 業界の大物たちがここに来て本腰を入れる”浜崎再生プラン”だが、果たして成功となるのだろうか。

最終更新:2019/08/18 19:00
こんな記事も読まれています

浜崎あゆみ、私小説が連続ドラマ化も”出来レース”すぎて業界内から冷ややかな声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真