日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 香港デモ、セクシー女性警察官が…

【香港デモ】鎮圧に投入されたセクシー女性警察官が男子学生を懐柔!?

デモの鎮圧にあたる、香港のセクシー警察官

 犯罪容疑者の中国本土引き渡しを可能にする、いわゆる「逃亡犯条例」改正案に端を発する香港の抗議デモだが、日に日に激しさを増し、いまだ収束の兆しが見えない。中国政府はTwitterやFacebookを通じて反政府デモを妨害するなど、混乱はネット空間にも広がっている。そんな中、ネット上では香港の女性警察官が話題になっている。

 170万人(主催者側発表)が参加したという18日の大規模デモでは、香港政府側も大量の警察官を投入して対応したが、ひとりの女性警察官がひときわ注目を集めた。

「SETN三立新聞網」(8月19日付)などによると、その女性警察官は一般的な制服を着用しておらず、なぜか白いTシャツにベストというラフな格好。しかも、Tシャツが少々小さめな上、なかなかの巨乳のようで、胸の膨らみがはっきりとわかるのだ。お色気で男子学生を懐柔しようとでもいうのだろうか。その画像は瞬く間に拡散された。

白Tシャツやビキニ姿の写真をInstagramで公開。指をくわえたセクシーショットも

 ネットではすぐに「人肉検索」が行われ、本人と思われる人物のFacebookとInstagramのアカウントが突き止められた。投稿内容を見ると、やはり白いTシャツを着てトレーニングしている姿があり、胸の膨らみがはっきりとわかる。それだけではない。ビキニなど水着姿の写真を惜しみなく公開。中には指をくわえたセクシーショットもあり、まるでグラビアアイドルのようなのだ。ネット上にさらされたことでフォロワー数は急増し、2万以下だったInstagramのフォロワー数は、すでに3万を超えている。

 ネット民は「セクシーすぎる!」「ボクの身分証を調べてほしい」「オレを逮捕してくれ」などと大興奮。珍しく香港警察に対して好意的な意見が噴出している。これも中国共産党による情報操作の一環なのだろうか?

 デモがさらに長引けば、さらに多くのセクシー警察官が投入されるかも!?

(文=中山介石)

 

最終更新:2019/09/02 14:04
こんな記事も読まれています

【香港デモ】鎮圧に投入されたセクシー女性警察官が男子学生を懐柔!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

元アイルネ・原田珠々華が語る未来

 2018年2月24日、8人組アイドルグループ「アイドルネッサンス」が解散した。クオ...
写真