日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『有吉ぃぃ』キレる佐山聡の真実
プロレスファンが大喜び!

『有吉ぃぃeeeee!』が掘り起こした、キレる佐山聡の真実

真説・佐山サトル タイガーマスクと呼ばれた男』(集英社インターナショナル)

 毎回、芸能人の家を借りてeスポーツに挑戦する番組『有吉ぃぃeeeee! そうだ! 今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)の8月8日放送回で、有吉弘行一行が訪れたのはプロレスラー・タイガーマスク宅だった。

 同番組、eスポーツを扱うというコンセプトにもかかわらず、合間に挟み込まれるプロレストークが好事家の間で話題になっている。中でも有吉のテンションが上がったのは、格闘家・所英男がゲスト出演した2月10日放送回だ。かねてより前田日明信者を公言する有吉は、前田のかつての弟子である所相手に“前田愛”を語り続けた(ちなみに現在、前田と所は微妙な関係にある)。

「もう、本当憧れだったわ……。リングスずっと追いかけてたわ、WOWOWで。前田さんのトークショー観に行ったもんな」(有吉)

 小学生時代にプロレスにはまった有吉の観戦歴は長い。中でも、特に彼が好きなのはUWFである。その証拠に、2013年2月6日にTwitterで有吉ははっきりと「僕はUWF信者です」とツイートしている。

叩かれて血を流すタイガーマスクと、「それがお前の力だ」と笑顔の佐山

 一方、有吉が司会を務めた4月6日放送『オールスター後夜祭』(TBS系)では、衝撃的なクイズが出題された。自らが立ち上げた格闘技「シューティング(現・修斗)」の合宿で、生徒を厳しく指導する佐山聡を収めた映像が地上波で放映されたのだ。以前よりYouTubeなど多くの動画サイトにアップされている、1991年の伝説の合宿である。

 初期のUWFを牽引したプロレスラーのツートップといえば、藤原喜明と佐山聡。つまり、有吉の大好きな映像が地上波で放送されたということ。大股で踏み込み、天高く振りかぶった竹刀を覚えの悪い生徒の脳天めがけ振り下ろす佐山の姿に、有吉は大爆笑した。

 このときの佐山は、何度観ても怖い。ミットにキックを叩き込む生徒に対する詰めは、プロレスファンなら誰もが知る名場面だ。

「お前、俺が“思いっきり蹴れ”って言ったら思いっきり蹴らないと。ナメてんの、俺を? これが思いっきりか、お前の? 思いっきりか、それがお前の! やってみい、オラ。殺すぞ、この野郎」

 生徒の両頬をビンタしながらハッパをかける佐山。司会という立場なのに「ハッハッハッハッハ!」と興奮を隠しきれない様子の有吉。いわゆる、これはすごいものを見たときに起こる種類の笑いだ。個人的にめでてはいるものの、タブーだと思っていたものが世に出た喜びもあったはず。

 佐山は初代タイガーマスクである。そして、『有吉ぃぃeeeee!』に出演した4代目タイガーマスクは、プロレス転向前はシューターだった。4代目は佐山からの指導をしっかり経験済みである。


123
こんな記事も読まれています

『有吉ぃぃeeeee!』が掘り起こした、キレる佐山聡の真実のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真