日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 坂口杏里のタトゥ論に批判の声

坂口杏里、「何が言いたいの?」唐突にタトゥーへの持論を語るも厳しい声が相次ぐ

インスタグラム:坂口杏里(@anridayo33)より

 坂口杏里が9日、自身のインスタグラムを更新。その投稿内容がまたも話題となっている。

 2017年に芸能界を引退した坂口。その後はAV女優やキャバクラ嬢などを経験し、先月28日には元交際相手であるホストの自宅マンション内への住居侵入容疑で逮捕。釈放後にSNSで謝罪するも、タピオカドリンクを片手に持った自撮り写真に「全然反省していない!」とネット上から批判の声が殺到したばかり。

 そんな坂口はこの日、「人を見た目で判断することって差別だと思う、、別にタトゥーや刺青が入ってても心があれば私は全然いいと思う。私は入ってませんが」と唐突に、タトゥーに対する持論を展開した。

 この投稿に対し、インスタグラム上では「ん?タトゥーはしていないけど自分も見た目で判断しないでねってこと?」「タトゥーとか見た目関係なく、あなたは別の部分で判断されていますよ」「何が言いたいの?見た目で誰も判断してないし、全部自分がしてきたことじゃん!」 といった疑問の声が多く寄せられている。

 また、このほかに「そうだね。言いたいことはわかりますよ!」と持論自体には共感の声もあるにはあったが、やはり普段の素行の悪さも相まってか、批判の声ばかりが目立っていた。

 

最終更新:2019/09/12 00:00
こんな記事も読まれています

坂口杏里、「何が言いたいの?」唐突にタトゥーへの持論を語るも厳しい声が相次ぐのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

ラバーガール全国ツアーへ!

 キングオブコントで決勝に進出すること2回。片や俳優としても活躍し、片や脚本や監督業...
写真