日刊サイゾー トップ > カルチャー > ネット  > 水溜りボンドが万人に受けるワケ
若手放送作家の「超YouTube学」9月号【4】

“YouTuber界のNHK” 水溜りボンドの、みんなが喜ぶツボを押さえる嗅覚

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

テレビ業界で最もYouTubeに詳しい新進気鋭の20代放送作家、白武ときお(「しもふりチューブ」)と長崎周成(「フワちゃんTV」)が、最新のYouTube事情と注目チャンネルについて語り尽くします!

<「超YouTube学」バックナンバーはこちらから>

白武 ネタのYouTubeといえば、水溜りボンドさんがこの前、鈴木おさむさんが書いたコントをやるって企画「お化けYouTuberレイくん」を配信してました。2人はもともと青山学院大学のお笑いサークル出身なので、お笑いがベースにある。そこを大事にしていて、YouTubeでコントに挑戦してるところがいいと思いました。

長崎 水溜りボンドさんは、「キングオブコント」で準々決勝にも進出した経歴を持つ、コントの実力者。賢くて面白くて、YouTubeでもスターになった超ハイブリッドコンビですよね。

白武 最近はYouTuberさんも、プロの力を借りる流れになっていますね。部屋の中でできることは結構やりきってる状態で、もっと違うことをしなきゃいけないって。「先行者にはなかなか勝てないから、どうしたらいいですか?」という相談をされたりします。芸能人も続々参入してきているし、誰が次の展開を見せられるのか? という段階に来ているんじゃないかな。

長崎 水溜りボンドさんをはじめ、2014年頃デビューしたYouTuber第2世代以降の人たちは、ある意味、大変ですよね。「やってみた」と言われる検証系企画を毎日投稿する消費スピードといったら、ハンパじゃないと思います。しかも、デビューしてから今まで、トップにいる人たちは、ほぼ減速していない。はっきり言って、毎日偉業を更新し続けていると思います。そんな中で、やっぱり目線なり、ジャンルを開拓するために企画のプロの力が必要となってきているわけです。

白武 水溜りボンドさんは青学在学中の4年前くらいから“自分ではやらないけど気になること”っていうコンセプトで毎日動画を上げています。ペアでやっているというのも、当時は珍しかったですね。水溜りボンドさんがやった実験をほかのYouTuberがマネするって流れも一時期あったくらいで。「電動ドリルで火おこしはできるのか」「ねるねるねるねを1万回混ぜるとガムになるらしい」とか、でんじろう先生と一緒に実験するとか。“実験といえば水溜りボンド”っていうイメージができましたね。

長崎 2人とも、みんなが好きなものを押さえるツボを心得ているというか。あるある偏差値が高い。あと”YouTuber界のNHK”って呼ばれてて、エグイ描写とか下ネタ、エロは禁止。クリーンでかつ友情が厚い。お互いのことを尊敬し合っているのがちゃんと動画から伝わってくるんです。とにかく友情がまぶしすぎる(笑)。いろんな意味で邪道っぽい見られ方をするYouTuberですが、その中でも企画も見え方も王道を行くのが水溜りボンドさん。視聴者みんなが、彼らのハッピーエンドを期待している。

白武 人が不快になるようなネタはやらないのも素敵ですね。食べ物を粗末にしたり、物を壊したりだとか。だから安心して見られるんです。対して、ちょっとヤンチャなグループが、以前紹介した東海オンエアさん(参照記事)。「牛丼食って1500メートル走ってゲロ吐く」みたいな、ちょっとジャッカスっぽいノリで。先日も、宿泊先のホテルの部屋をゴミだらけにして炎上してましたが……。水溜りさんが私立の賢い子たちだとしたら、東海オンエアさんは公立高校、みたいなイメージですかね。

長崎 いや、商業高校かもしれない(笑)。どちらも人気者には変わりありませんが。

白武 水溜りさんは7月に『オールナイトニッポン0』をやったり、彼らを特集した「Quick Japan」(太田出版)も好評だったと聞きます。トミーさんは「Quick Japan」で毎月、自分たちのブランディングについてコラムを書いているんですが、これも面白い。

長崎 無敵モードに入ってますね。もはや、YouTuberがメディアやカルチャー界全体を席巻しにいってますよ。

(【5】に続く/構成=編集部)

※「超YouTube学」バックナンバーはこちらから

●しらたけ・ときお(@TOKIOCOM

▼放送作家▼1990年京都府生まれ▼「しもふりチューブ」毎日18時投稿▼担当番組:「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!絶対に笑ってはいけないシリーズ」「Aマッソのゲラニチョビ」「みんなのかが屋」▼お仕事と仲間を募集しております。お気軽にご連絡ください!【Mail】tokiocpu@gmail.com

●ながさき・しゅうせい(@shuuuuuusei

▼1991年生まれ神戸出身・放送作家▼芸人、テレビ制作会社勤務を経て放送作家に。テレビを中心に活動しながら、昨年「フワちゃんTV」(現在登録者数約31万人)/「フワちゃんFLIX」(現在登録者数約9万人) を開設▼担当番組:「ZIP!」「アオハル TV」「ドラえもん」「サムライバスターズ」「勝負の冬」など▼その他:広告案件、YouTubeチャンネルコンサルティング▼お仕事のご相談はMailかDMでどうぞ!【Mail】shusei6308@gmail.com

最終更新:2019/09/22 14:00

“YouTuber界のNHK” 水溜りボンドの、みんなが喜ぶツボを押さえる嗅覚のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』に返歌

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が、瓜田夫婦名義の4thシングル「WHO I...
写真