日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > TBS新番組『グッとラック!』

立川志らく、『グッとラック!』スタートもTBS内から視聴率を期待されていなかった!?

立川志らく

 国分太一と真矢ミキがMCを務めていた『ビビット』(TBS系)に代わる、新たな情報番組『グッとラック!』(同)が9月30日に放送開始した。MCは落語家・立川志らくと国山ハセンアナが務め、アシスタントには新人の若林有子アナが抜擢された。

「志らくは後番組『ひるおび!』(同)で、舌鋒鋭いコメンテーターとして注目を集めるようになりましたが、まるで新鮮味がありません。しかも、『ひるおび!』も続投するんですから、志らくを見たければ、わざわざ『グッとラック!』を見なくてもいいんじゃないかという気がします。初回を見る限り、国山アナはさすがに安定感を発揮していましたが、若林アナはちょっとひどすぎましたね。緊張もあったのでしょうが、視線はカンペを見っ放し、噛みまくりで散々でした。学生時代にはセント・フォース関西に所属し、レポーターなどを務めていたのですが、それもまったく生きていません。新人を使うにはリスクがありますが、先行きが不安。あれで視聴率が取れるとは到底思えません」(スポーツ紙記者)

 同時間帯において、視聴率トップはNHK総合『あさイチ』で、民放では『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)が首位。これに、『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)、『スッキリ』(日本テレビ系)が追走し、TBS系『ビビット』は大きく水を開けられていた。

 当然TBSもてこ入れを図ったはずだが、そもそも『グッとラック!』にはたいした期待が懸けられていないというのだ。

「この時間帯の主たる視聴者は主婦層ですから、志らくがメインでは、なかなか難しいのでは? それはTBSだって百も承知でしょう。どうしても、TBSが勝負をかけているなら、『ひるおび!』はやめてもらって、相応の出演料を支払う。今回、TBSにとって最も大事だったのは、ジャニーズ事務所とのしがらみから、なかなか切れなかったTOKIOの国分太一を降板させられたこと。それによって、高額な出演料を支払わなくてすむようになったのです。むろん真矢の出演料だって安くはなかった。志らくの出演料はまだリーズナブルで、これによって大幅なコストカットができたんです。その意味では、数字が上がらなくても、TBSにとってはメリットがあるんです」(芸能プロ関係者)

 正直、あまり大きな期待を受けていない『グッとラック!』。下馬評の低さを覆すような視聴率をはじき出してほしいものだが、果たして?

最終更新:2019/09/30 21:21
こんな記事も読まれています

立川志らく、『グッとラック!』スタートもTBS内から視聴率を期待されていなかった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真