日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 坂口杏里、使用済み愛用品を売る

坂口杏里、使用済みのリップクリームを売る姿に呆れ声「誰が買うんだよ!」「惨めすぎる」

インスタグラム:坂口杏里(@anridayo33)より

 

 坂口杏里が27日にインスタグラムに投稿した内容が話題となっている。

 坂口といえば先日、“青汁王子”こと三崎優太氏の100万円プレゼントキャンペーンに当選したことを明かしたところ、「あっという間にホストに貢ぎそう」「使い道、絶対ホストでしょ」といった苦言とも取れるコメントが寄せられたばかり。

 そんな坂口がこの日、都内のライブハウスのイベントにDJとして出演し、「物販もやっています」と、自身の使用済みのリップクリームや香水、iPhoneケースを販売していることを明かした。

 投稿した写真を見ると、2~5万円で販売しているようで、商品とともに説明が書かれた手書きPOPが写っていた。この投稿にインスタグラム上では「売れるわけないでしょ」「ここまで落ちるか?ってくらいひどい」「どんだけお金に困っているの…引く」といった厳しい声ばかりが寄せられ、ネット上でも「惨めすぎる」「誰が買うんだよ!」と、散々な反応だった。

 ここ数年でホストにハマり、多額の借金を繰り返している坂口。芸能界復帰もまだまだ遠そうだ。

最終更新:2019/10/01 07:30
こんな記事も読まれています
関連キーワード

坂口杏里、使用済みのリップクリームを売る姿に呆れ声「誰が買うんだよ!」「惨めすぎる」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真