日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 広瀬すず、なつぞら微妙で正念場

『なつぞら』は結局イマイチ振るわず? 連ドラで爆死を続ける広瀬すずは今後が正念場に

広瀬すず

 広瀬すずがヒロインを務めた、NHK連続テレビ小説『なつぞら』が9月28日に最終回を迎えた。全156話の平均視聴率は21.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)で大台を突破したが、イマイチ振るわなかった。

 朝ドラがブームとなった『あまちゃん』(2013年前期、能年玲奈主演)以降で見ると、平均視聴率トップは『あさが来た』(15年後期、波瑠主演)の23.5%。以下、2位『とと姉ちゃん』(16年前期、高畑充希主演)=22.8%、3位『花子とアン』(14年前期、吉高由里子主演)=22.6%、4位『ごちそうさん』(12年後期、杏主演)=21.7%、5位『まんぷく』(18年後期、安藤サクラ主演)=21.4%、6位タイ『マッサン』(14年後期、玉山鉄二主演)=21.1%、6位タイ=『半分、青い。』(18年前期、永野芽郁主演)=21.1%と続き、『なつぞら』は8位で、大台を超えたとはいえ、平凡な視聴率に終わった。

「NHKにとって、『なつぞら』は朝ドラ100作目の記念作品で、絶対にコケられないとあって、ヒロインはすでに映画やドラマで主演の経験も豊富な広瀬を起用。松島菜々子、小林綾子、山口智子、比嘉愛未、貫地谷しほりら、過去の朝ドラヒロインたちがワキを固めるなど、大河ドラマ並みの豪華キャストになりました。その意味で、NHKとしては22~23%台のヒットを狙っていたものの目算が完全に外れてしまった。ストーリー的には終盤、自信家で自己主張の強い主人公なつが、夫に育児を押しつけて、夫の仕事をも犠牲にするといった流れがあり、女性視聴者の反感を買って、視聴率を落としたのが響いた印象です」(テレビ誌関係者)

 平均視聴率20%の大台は死守し、なんとか格好はついた『なつぞら』だが、ヒロインを務めた広瀬は、これまで主演した連ドラがことごとく不振に終わっているのが気になるところ。特に18年1月期の『anone』(日本テレビ系)は平均6.2%と壮絶爆死を遂げている。

 この先、連ドラに主演して数字が獲れるかのどうか、まさに正念場とみていいだろう。

最終更新:2019/10/01 11:00

『なつぞら』は結局イマイチ振るわず? 連ドラで爆死を続ける広瀬すずは今後が正念場にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法「当選権利は対象?」

 6月に施行され、東京オリンピックのチケットも関係する「チケット転売規制法」。弁護士...
写真