日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 園子温監督が描く恐怖の洗脳劇

“全裸監督”Netflixがさらにヤバい問題作を投下!! 園子温監督が描く恐怖の洗脳劇『愛なき森で叫べ』

文=長野辰次

園子温監督のNetflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』。園監督によって抜擢された日南響子、川村那月、鎌滝えりたちの熱演が光る。

 山田孝之主演の実録ドラマ『全裸監督』が大きな話題を呼んだ「Netflix」が、さらなる問題作の配信を10月11日よりスタートした。ハリウッド進出が決まった園子温監督による、オリジナル映画『愛なき森で叫べ』がその問題作だ。これまでにも園監督は、劇場公開作『冷たい熱帯魚』(10年)で愛犬家連続殺人事件、『恋の罪』(10年)で東電OL殺人事件など、実在の事件をモチーフにしたヒット作を放ってきた。『アウトレイジ』(10年)で武闘派ヤクザを演じた椎名桔平を主演に迎えた『愛なき森で叫べ』も、実際に起きた凶悪事件からインスパイアされたもの。地上波テレビでは絶対に放映できない過激な内容となっている。

 本作の中心人物となるのは、椎名桔平演じる村田丈。ルックスのよさと甘い口説き文句で、女性を瞬時に虜にしてしまう希代の天才詐欺師だ。ライブを開けば、ロックスターばりに女性たちがドッと押し寄せる。村田は若い女性だけでなく、ターゲットにした女性の母親や姉妹とも肉体関係を持ち、家族全員を巧みに洗脳してしまう。金になるものをすべて吸い尽くした挙げ句、さらには監禁状態にした被害者一家を互いに殺し合わせ、自分は手を汚さないという凶悪なサイコパス人間だった。実際の事件では7人もの犠牲者が命を失っている。

 実話系犯罪映画ブームの口火を切った『冷たい熱帯魚』では、連続殺人鬼・村田(でんでん)とその妻(黒沢あすか)が血まみれになりながら死体を解体するシーンが描かれたが、本作では『冷たい熱帯魚』以上に生々しい映像が盛り込まれている。「通電」と呼ばれた電気ショックによる虐待シーンもあるので、心臓の弱い人は視聴を避けたほうがいいだろう。

123

“全裸監督”Netflixがさらにヤバい問題作を投下!! 園子温監督が描く恐怖の洗脳劇『愛なき森で叫べ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

ファーストサマーウイカ登場!

 サイゾー読者的には、アイドルグループ「BiS」や「BILLIE IDLE」としての...
写真