日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 広瀬すず、オファー少ない理由

広瀬すず、朝ドラ『なつぞら』後のドラマオファーが驚くほど少ない理由とは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

広瀬すず

 大役をこなして次にステップアップ……とはなっていないようだ。

 10月17日、女優の広瀬すずが都内で行われたクロックス・ジャパンの「2019年秋冬キャンペーン記者発表会」に登場。MCから「1週間休みが取れたら……」と聞かれると、ヒロインを務めたNHK朝ドラ『なつぞら』で訪れた北海道を挙げ、「ピンポイントで同じところに行っていたので、もっと知らない北海道、違うところも見てみたい」と語った。

『なつぞら』後の広瀬といえば、演出家、野田秀樹率いるNODA・MAP作品の舞台に出演。2020年には1月に『Last Letter 』、3月に『一度死んでみた』と出演映画の公開が控えているが、テレビドラマの出演は未定のままだという。

「出し惜しみしているのではなく、意外なほど出演オファーが来ていないのだそう。これまで朝ドラヒロインにはフレッシュな新人女優が起用されていましたが、記念すべき100作目ということで有名女優の広瀬に大役が回ってきた。民放連ドラなら広瀬が観られるのは1クール週一だけですが、朝ドラで半年間、毎日顔を見ていたせいで露出過多となり、使い勝手が悪くなってしまった」(テレビ関係者)

 ある意味、知名度のある女優が朝ドラヒロインを演じる際のデメリットとも言えそうだが、この状態が続けば、“あの人”との力関係も逆転してしまう可能性があるという。

「主演に固執していない姉の広瀬アリスのほうがオファーされやすい。すでに収入ではすずを上回っている可能性もありそう。朝ドライメージをリセットする一番の方法は濡れ場を解禁すること。すずが女優としての価値を取り戻すためには、思い切った方向転換が必要になるでしょう」(前出・テレビ関係者)

『なつぞら』後のすずがどんなオトナな進化を見せてくれるのか楽しみだ。

最終更新:2019/10/20 10:30

広瀬すず、朝ドラ『なつぞら』後のドラマオファーが驚くほど少ない理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真