日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > 性犯罪者への薬物投与でどうなる?

欧米では当たり前、お隣韓国でも実施する「性犯罪者への薬物投与」で再犯防止はどうなるか?

文=鷲尾香一

女性性犯罪者に対する薬物治療の研究は?

 もうひとつの問題として、女性性犯罪者の問題もある。これまでの薬物治療は男性の性犯罪者を主としているが、数は少ないものの女性にも性犯罪者は存在する。実は、女性性犯罪者に対する薬物治療の研究は少なく、薬物治療そのものが困難な状況にある。

 また、仮に薬物治療を行ったとしても、薬物の有効性や再犯防止への効果があるのかはまだまだ実証されていない。

 確かに18年の犯罪白書によると、17年中の再犯率は強制性交等罪で4.8%、強制わいせつ罪で8.2%となっている。しかし、これは刑法犯全体の再犯率15.1%と比較すると少ないことも、また、確かだ。

 現在、性犯罪者などは刑務所で認知行動療法に基づく再犯防止指導の受講が義務付けられ、仮出所者は保護観察所に通いながら指導を受けなければならない。だが、満期出所者は指導を受ける必要はなく、また、指導を受ける場合は全額自己負担となっている。例えば、薬物治療を受ける場合も同様だ。しかし今回の法務省の検討では、満期出所者が治療や認知行動療法を受ける場合には、国費により賄われることになる。

 再犯の防止は重要だ。これは性犯罪だけではなく、刑法犯全体にも言えることだ。しかしながら、薬物を使っての再犯防止には、まだまだ研究・実証する必要があり、また、人権に対する配慮なども必要となってきそうだ。

最終更新:2019/11/06 12:12
12
関連キーワード

欧米では当たり前、お隣韓国でも実施する「性犯罪者への薬物投与」で再犯防止はどうなるか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真