日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 木村拓哉ドラマ、急降下に落胆

木村拓哉『グランメゾン東京』、視聴率急降下にTBSが落胆「裏番組強くないのに…」

文=田中七男

TBS公式サイトより

 想定をはるかに下回る低視聴率にTBS上層部の落胆ぶりは大きいという。

 看板ドラマ枠「TBS日曜劇場」の木村拓哉主演『グランメゾン東京』第3話が3日に放送されたが、視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)どまりで、第2話の13.2%から急降下した。初回は12.4%で、木村主演ドラマとしては、なんとも低調な数字が続いている。

「TBSがなにより落胆しているのは、第3話では強力な裏番組があったわけでもないのに、11%台しか獲れなかった点ですね。初回(10月20日)は、『SMBC日本シリーズ第2戦 ソフトバンク対巨人』の放送が延長となってしまい、50分遅れのスタートとなるハンディがありました。第2話(同27日)では、裏で放送されていた『フィギュアグランプリシリーズ2019 カナダ大会 男女フリー』(テレビ朝日系)が15.6%を獲得し、同情すべき点があったのです。しかし、3日は『行列のできる法律相談所 3HSP明石家さんまMC! 揉めている人告白します』(日本テレビ系)と重なりはしましたが、過去2回ほどのハンデではなかった。TBSでは15%前後を期待していたはずですから、11%台ではもう論外です」(スポーツ紙記者)

 木村が前回、日曜劇場枠で主演した『A LIFE ~愛しき人~』(2017年1月期)の序盤は14.2%、14.7%、13.9%で、『グランメゾン東京』がいかに低いか明白。木村の主演ドラマは制作費が高いため、ノルマは15%超えともいわれているが、このありさまではとてもTBSとしては経費をペイできない。

 かつてのように数字が獲れなくなったとしても、木村の主演ドラマが11~13%台ではあまりにもさびしい限り。第4話以降、なんとか挽回してほしいものだが果たして?

 

最終更新:2019/11/06 17:55

木村拓哉『グランメゾン東京』、視聴率急降下にTBSが落胆「裏番組強くないのに…」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

野生児の実像に迫る問題作『野良人間』レビュー

 文明社会とまったく関わることなく育った人間...…
写真
インタビュー

500万円で映画主演権を買った一般女性とは

「あなたをSFコメディ映画の主役に!」という日本橋三越本店の2019年新春福袋企画を...
写真