日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 工藤静香、中国滞在匂わせが不評

工藤静香、Koki,のサポートで中国滞在を匂わせる投稿に大ブーイング「アピールが痛々しい」

 工藤静香がインスタグラムにアップした小鳥の写真に冷ややかな反応が集まっている。

 工藤は7日にインスタグラムを更新し、「何か胸キュンしませんか?」と呼びかけ、「ラブバード」と呼ばれるインコの写真を披露した。

 工藤は写真を2枚投稿しており、1枚は籠に入ったインコのアップの写真。2枚目は引きで撮られていたが、中国らしい模様が刻まれた空間となっており、工藤は「たまらな~い」「さあ、みんなでキュンキュンして下さい~」とつづっていた。

 この投稿に工藤のインスタグラムには、「かわいい!キュンキュンします!」「キュンキュンしました~」という同意の声が集まっていたが、一方でネット上では、「一緒に中国行ってたアピールが痛々しい」「Kokiのお付きで中国からってこと?」「インコにキュンキュンはしない」という苦言が集まってしまった。

 実はこの投稿があった前日6日は、Koki,が中国のスターであるクリス・ウーのMVに出演することが発表になったばかり。そのロケのために中国に行ったことをアピールしているのでは、といった憶測がネットユーザーの間で広がっていた。

 自身の歌手活動と並行し、次女でモデルのKoki,のサポートをしている工藤だが、それを匂わせる投稿は不評を買ってしまったようだ。

最終更新:2019/11/08 22:10
こんな記事も読まれています

工藤静香、Koki,のサポートで中国滞在を匂わせる投稿に大ブーイング「アピールが痛々しい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真