日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 竹内涼真日曜劇場、捨てクール 

竹内涼真の日曜劇場、キムタクと半沢直樹に挟まれてTBS局内から早くも「捨てクール」扱いか!?

ホリプロ公式サイトより

 来年1月クールに放送されるTBS系日曜劇場『テセウスの船』で、ゴールデン・プライム帯での連ドラ初主演を務める竹内涼真。いきなりの日曜劇場ということで、業界内外から不安の声も聞こえてくる。

「今もっとも予算が多いドラマ枠といわれるのが日曜劇場ですからね。主演を務める俳優も40代以上が多く、26歳の竹内起用はまさに抜擢。さらに、現在放送中なのが木村拓哉主演の『グランメゾン東京』、4月クールに放送されるのは『半沢直樹』の続編ということで、注目作に挟まれてしまったということも、竹内にとっては何よりプレッシャーだと思います」(テレビ局関係者)

 竹内抜擢の背景にはさまざな事情もあったようだ。

「『グランメゾン東京』と『半沢直樹』はかなりの制作費で、1月クールはある程度予算を抑えなければならなかったともいわれている。大物俳優よりはギャラが安い竹内を起用するしかなかったという話も聞こえてきます。TBS的にはある意味“捨てクール”という感覚なのかもしれません」(同)

 どうやら局内では『グランメゾン東京』や『半沢直樹』ほど期待されていない『テセウスの船』。しかし、竹内は積極的に広報活動に勤しんでいるという。

「まだ第1話の台本が出来上がったくらいの状態のようですが、すでに複数のメディアの取材を受けています。俳優さんの場合は自分のイメージを保つために、媒体を選ぶことも多いんですが、竹内さんは、どんな媒体にでも積極的に露出しているようですね。現場でも協力的で関係者の間での好感度も上昇中みたいです」(出版関係者)

 2017年にNHK朝ドラ『ひよっこ』に出演したあたりから急激にブレイクした竹内だが、2019年は連続ドラマの出演はなし。露出が減ったために、人気が下がったともいわれていた。

「映画の撮影などもあったので、連ドラ出演がないのはあくまでもスケジュールの関係のようですが、本人もそのあたりは多少気にしているのでしょう。だからこそ、『テセウスの船』にかける気持ちも強い。相当気合いを入れて臨んでいると思います」(同)

 協力的な媒体対応でメディア方面は味方につけつつある竹内涼真。ここで面白い作品に仕上げれば、不名誉な“捨てクール”を回避することができるか。

最終更新:2019/11/12 07:00

竹内涼真の日曜劇場、キムタクと半沢直樹に挟まれてTBS局内から早くも「捨てクール」扱いか!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

酒井萌衣が語る48とアイドル界

 今や、国内だけで300人を超える巨大組織となった48グループ。その公式ライバルとして...
写真