日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 浜崎あゆみ、過去ライブに批判殺到

浜崎あゆみ、古いライブ映像を投稿するも「過去の栄光にすがりすぎ」「今のすごさが見たい」と批判殺到

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

インスタグラム:浜崎あゆみ(@a.you)より

 浜崎あゆみが11日、自身のインスタグラムを更新して話題になっている。

 11月10日にリマスタリングアルバム『LOVEppears / appears -20th Anniversary Edition-』をリリースし、多くの反響を集めている浜崎。

 先日の投稿では「もうすっかり冬だねー!早くクリスマスツリー出したい」とコメントを添え、愛犬との写真を公開。ナチュラルメイクではあるものの、どこか違和感のある姿にネット上からは「こんな加工いっぱいで別人だわ」などの厳しいコメントが寄せられたばかり。

 そんな浜崎はこの日、「君がいるならどんな時も笑ってるよ 泣いているよ生きているよ 君がいなきゃ何もなかった」と自身の曲「TO BE」の歌詞を添え、先日から配信しているライブ映像を公開した。

 しかし、8月には暴露本として話題を呼んだ『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)の発売などもあったためか、ネット上からは「もう全部戦略だとしか思えない」「暴露本から過去のアルバムのリマスタリングまで事前に計画してたんでしょ」「過去の浜崎あゆみはすごかったけど、今の浜崎あゆみのすごさが見たい」「過去の栄光にすがりすぎ」という否定的な声が多く飛び交っている。

 新曲のリリースペースが下がる状態でのライブツアーが続いている浜崎。今後どのような形でファンの心をつなぎとめていくかが問われていきそうだ。

最終更新:2019/11/13 12:05

浜崎あゆみ、古いライブ映像を投稿するも「過去の栄光にすがりすぎ」「今のすごさが見たい」と批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

東京03飯塚、齋藤飛鳥に『うわっ、天才だ!』

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真