日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > M-1敗者復活はあの芸人の対決に

鍵は女性票? M-1グランプリ敗者復活はあのイケメンとブサイク芸人の一騎打ちに⁉

文=日刊サイゾー

『M-1』公式サイトより

 今年は敗者復活からの優勝というシナリオが濃厚か。

 12月4日、“令和”初の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2019』の決勝進出者9組が発表された。

 驚いたのはその顔ぶれ。アインシュタイン、カミナリ、トム・ブラウン、マヂカルラブリー、ミキ、四千頭身、和牛など、決勝進出が有力視されていたコンビ・トリオが次々と落選したのだ。

「決勝には、あまりテレビで馴染みのない面々ばかりが進む形となりました。そのためネット上では、『3年連続準優勝の和牛がいない決勝はありえない』『知らない芸人ばっかりで見る気が失せた』と落胆の声が殺到しています」(芸能ライター)

 人気芸人の敗退により注目されるのが、「決勝よりも熾烈」となりそうな敗者復活戦だ。こちらは2組の芸人の一騎打ちとなりそうな気配だという。

「敗者復活は視聴者投票によって決まります。そこで大きなパワーを発揮しそうなのが、女性ファンの組織票。和牛のツッコミ担当・川西賢志郎はイケメンで知られ、ステージ出演を終えて劇場を出ると、ファンたちから走って逃げねばならないほどの人気ぶり。先日、バラエティ番組『本能Z』(CBCテレビ)が街角で『抱かれたい芸能人』を調査したところ、1位が山崎賢人で、同率2位に菅田将暉、吉沢亮、新田真剣佑と並んで川西でした。

 そしてもう一組がアインシュタインです。こちらはまもなく発表される『よしもとブサイクランキング』の中間発表で、ボケの稲田直樹が2位に10万票近くの差をつける独走状態。ところがその稲田はいまや女性に大人気で、彼と付き合いたいという『イナダ女子』が急増。6月に発売された『いなだまクッション』は16分で完売、『いなだまチョコ』は3時間前から女子たちの行列ができるほどです」(お笑い関係者)

 例年以上に敗者復活枠が盛り上がりそうだが、22日の決勝当日に舞台に立つのは誰か?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/09 15:15

鍵は女性票? M-1グランプリ敗者復活はあのイケメンとブサイク芸人の一騎打ちに⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

“第7世代の刺客”DJ松永に熱視線

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真