日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐のFNS歌謡祭口パクに興ざめ

大野智が歌唱を放棄!? 嵐、FNS歌謡祭での口パクに視聴者が興ざめ

文=日刊サイゾー

嵐・大野智

 ネット上ではファンのため息にも似た落胆の声が続出している。

 12月4日放送の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)に嵐が出演。『Love so sweet』『BRAVE』『Turning Up』を披露した。

 ファンが唖然としたのは、『Turning Up』で大野智が見せた口の動きだったという。

「同曲は今年11月に発売された初めての配信限定シングル。5人はワイヤレスマイクを着けて踊りながら熱唱したのですが、大野はソロパートの歌詞『Loose baby』を2回繰り返すはずだったのが、2回目は明らかに発音しないのに、大野の声ははっきりと聞こえていました。嵐の口パクは今回に始まったことではありませんが、ここまであからさまだったことはなかったため、ネット上をざわつかせることに。また、ダンスも中途半端でキレがなかったと感じた人も多かったようで、ファンからはモチベーションの低下と心身の疲労を心配する声があがっています」(女性誌記者)

 とはいえ、多くの視聴者は「歌謡祭」での口パクには批判的で、「大野くん、口パク上手だと思ってたけど、今日はバレるくらい合ってなかったよね」「櫻井翔くんのラップ以外口パクだったのが残念」「相変わらず嵐の口パクが酷い、CD音源のまんま流れてるし」「私ならどれだけ下手でも生歌聴きたいけどなぁ」と、興ざめしたようだ。

「大野は11月21日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)でロッククライミングに挑戦した際にも、ボタンの押し忘れというポカをやらかしていましたね。嵐といえば、二宮和也の結婚でメンバーに亀裂が入ったとも報じられています。そんな状態であと1年もグループとして活動していくことに、リーダーとして投げやりな気持ちになっていたとしてもおかしくありません」(前出の記者)

 ファン思いの大野のこと、もしかしたら今後のライブに備えてのどを温存していた?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/09 15:24

大野智が歌唱を放棄!? 嵐、FNS歌謡祭での口パクに視聴者が興ざめのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真