日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ダレノガレ、批判に反論も呆れ声

ダレノガレ明美、批判受けて猛反論も冷静さを求める声が続々「間違い指摘されて被害者面?」

文=日刊サイゾー

ダレノガレ明美

 タレントのダレノガレ明美がネット上からの批判に猛反論して話題になっている。

 ダレノガレは10日に投稿したツイートの中で、住宅地に下りてきたイノシシについて「イノシシの居場所をとってしまってるのは人間だよね」「だから、危ないけれどもイノシシを殺さないでほしいな」とツイート。ネット上で賛否両論を招いていた。

 そんな中、ダレノガレはこの投稿について「じゃあ、お前がイノシシ育てろよ」という否定意見が出たといい、「さすが私のアンチ!!」と苦言。さらに、「アンチがどんなに私を叩いても擦り傷より痛くないからな!!私のSNSくらい書きたい事書かせなさい!」と主張した。

 その後、12日にもツイッターを更新し、「指殺人を私にしようとしている方。私が死ぬ前に自分の指がもげるよ」(原文ママ)と、自身のアンチファンに対し警告。さらに、「私にそんなの効かない。何年炎上してると思ってるの?」とタレント業を始めて以降、これまで何度も炎上していることを明かし、「炎上怖くて発言抑えてたら自分が自分じゃなくなるよ!」「人の目気にして発言致しません。だから、私を精神的に追い込もうとしても時間の無駄」と、力強くつづっていた。

 この投稿にダレノガレのツイッターには、「めちゃくちゃ格好いい!」「メンタル強いな~!」といった声が集まっていたが、一方では、「正論返されてそれに対する反応が『追い込もうとしてる』『指殺人にしようとしてる』だの。さすがにそれは……」「間違い指摘されて被害者面ってちょっと変だよ」「誰でもかれでもアンチ認定して済ませないで、まともな指摘があるんだからそこだけ読んで欲しい」などと、冷静さを求める声も多く寄せられていた。

 イノシシは害獣とされており、放っておけば人間の命を脅かすことも。そもそもダレノガレのイノシシに関する見解に疑問の声が集まっていたことだけに、こうした開き直りには驚きを隠せないファンも多かったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/13 22:00
関連キーワード

ダレノガレ明美、批判受けて猛反論も冷静さを求める声が続々「間違い指摘されて被害者面?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

れいわ新選組の躍進の謎に迫る

 7月に行われた参議院選では、与党側が選挙前の147から141へと議席を減らした一方、...
写真