日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 『死霊の盆踊り』ほか珍作映画
江戸木純×叶井俊太郎のサイテー映画対談

サイテー映画との出会いは人生を大きく変える!? 『死霊の盆踊り』ほか映画史に残る珍作奇作たち

文=長野辰次(ながの・たつじ)

米国の批評サイト「ロッテントマト」で満足度0%を記録した、驚異のサイテー映画『死霊の盆踊り』。まさかのリバイバル劇場公開が実現。

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題『Orgy of the dead』、1965年製作)だった。死霊化したトップレスダンサーたちが墓場で延々と踊り続けるだけという超低予算のホラー映画だが、1987年に日本で劇場公開された『死霊の盆踊り』は邦題のセンスのよさもあって劇場が満席になるという珍事となった。ちなみに『死霊の盆踊り』は、カンヌ国際映画祭常連の配給会社ギャガ(当時の社名はギャガ・コミュニケーションズ)の配給第3弾作品だった。

 80年代の日本ではまだ知られていなかったが、観た者の脳みそを空っぽにしてしまう『死霊の盆踊り』の脚本を書いたのは“史上最低の映画監督”として名を馳せることになるエド・ウッドだった。エド・ウッドの代表作『プラン9・フロム・アウタースペース』(59)と共に『死霊の盆踊り』も年末年始にリバイバル上映される。サイテー映画の仕掛け人である映画評論家の江戸木純氏と、これまでに『八仙飯店之人肉饅頭』(93)や『ムカデ人間』(09)など数々の鬼畜映画を配給してきた映画プロデューサーの叶井俊太郎氏が、30年以上にわたって関わってきたサイテー映画について語り尽くした。

***

――1987年に『死霊の盆踊り』が日本で劇場公開されたことで、我が国でのサイテー映画の歴史が始まった。江戸木さんにとっても、思い出深い作品ですね。

江戸木 “史上最低”というフレーズは、実は僕が苦し紛れで付けたものです(笑)。当時のギャガは今と違って、ビデオの版権を売るエージェントだった。創業直後で、社員は東北新社から移った僕も入れて3名だけ。創業者の藤村哲哉社長がマニアックな映画を扱う米国の会社ライノ・エンタテインメントから、中身を観ないで10本まとめて買ってきた中の1本が『死霊の盆踊り』だった。女性のヌードがあって、狼男やミイラ男も出るホラーものだから、ビデオ化したら売れるだろうってことだったんだけど、観たら本当にひどかった。セールスポイントがまるでないので、仕方なく“史上最低”と呼んで売った。当初は『ディスコ・ハカバカーナ 亡霊たちの盆踊り』という邦題を考えていたんだけど、あるプレゼンの際に「“死霊の盆踊り”みたいな映画です」と説明したら大ウケしたんで、『死霊の盆踊り』に決まったんです。ビデオは5000本も売れました(笑)。

叶井 『死霊の盆踊り』は東京ファンタスティック映画祭でも上映したでしょ? 会場に人が溢れていて、すごい盛り上がってた。訳が分からなかった。当時の俺、学生だったけど、あの異様なノリにはついていけなかったから。

江戸木 ホラーマスクをみんなで被って、渋谷の歩行者天国で踊ったの、『トゥナイト』(テレビ朝日系)が取材に来てくれるっていうから。でも、本当は『死霊の盆踊り』は東京ファンタの正式参加作品じゃなかった。東京ファンタの小松沢陽一プロデューサーに「面白い映画ない?」ときかれて、『死霊の盆踊り』があるよと話したら、東京ファンタでやろうと言ってくれて。当時の東京ファンタは渋谷でいちばん大きな劇場だったパンテオンでやっていたけど、上映するのに35ミリフィルムを用意しなくちゃいけなかった。そのことをA・C・スティーブン監督に国際電話で伝えたら大喜びして、自腹で日本に来ると言い出した。ところが、東京ファンタを主催していたニッポン放送が「いくらなんでもコレはだめ!」と怒って、東京ファンタで上映できなくなって。それで急遽、パンテオンのすぐ近くにあった渋谷松竹を借りて上映したんだよ。東京ファンタ“惨禍”作品ということにして。スティーブン監督はもう亡くなったけど、最後まで東京ファンタで上映されたと信じていたと思うよ。「こんなに感動的な上映会は初めてだ」と感激してたから。その後、『死霊の盆踊り2』の台本まで渡されたし(笑)。日本で製作費を集めてくれって。

叶井 『死霊の盆踊り2』? 誰も映画化しないよ!

江戸木 話の内容はまったく同じ。舞台が宇宙になって、音楽がロックになるだけ。『エドウッド』(94)を映画化したティム・バートン監督を取材した際に、「スティーブン監督が書いた続編の台本があるけど興味ないか?」と尋ねたら、「すごくある」っていうから渡したんだけど、それっきりになった(笑)。

12345

サイテー映画との出会いは人生を大きく変える!? 『死霊の盆踊り』ほか映画史に残る珍作奇作たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真