日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ日記  > M-1で起きた4つの「うねり」
テレビウォッチャー・飲用てれびの「テレビ日記」

『M-1』下馬評を覆したミルクボーイの漫才と、4つの「うねり」

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

ミルクボーイ・内海「嘘ですこんなもん。夢、夢、 夢」

 10組目、最後に出てきたのは、ぺこぱ。ツッコミ役の松陰寺太勇とボケ役のシュウペイから成る、サンミュージックプロダクション所属の東京系の漫才師だ。盛った髪形に化粧といった、ビジュアル系ミュージシャンのような風貌の松陰寺が目を引く。ネタは、シュンペイが運転するタクシーに松陰寺が乗るというもの。設定はシンプルで、よくある感じに見える。

 しかし、何よりツッコミが変わっている。たとえば、タクシーにいきなりぶつけられた松陰寺は、「どこ見て運転してんだよ!」とまずはストレートにツッコむ。しかし、そのすぐ後に、「って言えてる時点で無事でよかった」とフォローする。もう一度ぶつけられても、「いや2回もぶつかる! ってことは俺が車道側に立っていたのかもしれない」という具合だ。

 ツッコミとフォロー。否定と肯定。ミルクボーイが2人の間で展開していた往復運動を、ぺこぱは松陰寺1人で高速にこなす。頭を振り乱す激しい動きが、その運動を加速する。客席を巻き込む。空気が変わる。「うねり」が押し寄せる。その結果は、和牛を2点ほど上回る654点。3位に滑り込む波乱が起きた。

 最終決戦はミルクボーイ、かまいたち、ぺこぱの争い。その結果については周知の通りだ。ファーストラウンドの勢いそのままに、ミルクボーイが優勝を飾った。当人たちが語るところによると、今年テレビで漫才を披露したのは、この日が初めてだったらしい。その日一番面白い漫才師を決める。その謳い文句通り、『M-1』は経歴も容姿も知名度も関係なく、この日一番面白い漫才師を選んだ。優勝を決めたミルクボーイ・内海が言う。

「嘘ですこんなもん。夢、夢、 夢」

 松本が過去最高と評した2019年の『M-1』。振り返ってみれば、そこにはいくつもの「うねり」があった。番組の空気はその都度、一変した。反転に次ぐ反転。それはまるで、ミルクボーイの漫才のようだった。

飲用てれび(いんよう・てれび)

飲用てれび(いんよう・てれび)

関西在住のテレビウォッチャー。

サイト:記事一覧

Twitter:@inyou_te

最終更新:2019/12/24 14:04
1234

『M-1』下馬評を覆したミルクボーイの漫才と、4つの「うねり」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

新型肺炎はペストではない!

今週の注目記事・第1位「安倍首相補佐官<和泉...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真