日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > M-1で起きた4つの「うねり」
テレビウォッチャー・飲用てれびの「テレビ日記」

『M-1』下馬評を覆したミルクボーイの漫才と、4つの「うねり」

ミルクボーイ・内海「嘘ですこんなもん。夢、夢、 夢」

 10組目、最後に出てきたのは、ぺこぱ。ツッコミ役の松陰寺太勇とボケ役のシュウペイから成る、サンミュージックプロダクション所属の東京系の漫才師だ。盛った髪形に化粧といった、ビジュアル系ミュージシャンのような風貌の松陰寺が目を引く。ネタは、シュンペイが運転するタクシーに松陰寺が乗るというもの。設定はシンプルで、よくある感じに見える。

 しかし、何よりツッコミが変わっている。たとえば、タクシーにいきなりぶつけられた松陰寺は、「どこ見て運転してんだよ!」とまずはストレートにツッコむ。しかし、そのすぐ後に、「って言えてる時点で無事でよかった」とフォローする。もう一度ぶつけられても、「いや2回もぶつかる! ってことは俺が車道側に立っていたのかもしれない」という具合だ。

 ツッコミとフォロー。否定と肯定。ミルクボーイが2人の間で展開していた往復運動を、ぺこぱは松陰寺1人で高速にこなす。頭を振り乱す激しい動きが、その運動を加速する。客席を巻き込む。空気が変わる。「うねり」が押し寄せる。その結果は、和牛を2点ほど上回る654点。3位に滑り込む波乱が起きた。

 最終決戦はミルクボーイ、かまいたち、ぺこぱの争い。その結果については周知の通りだ。ファーストラウンドの勢いそのままに、ミルクボーイが優勝を飾った。当人たちが語るところによると、今年テレビで漫才を披露したのは、この日が初めてだったらしい。その日一番面白い漫才師を決める。その謳い文句通り、『M-1』は経歴も容姿も知名度も関係なく、この日一番面白い漫才師を選んだ。優勝を決めたミルクボーイ・内海が言う。

「嘘ですこんなもん。夢、夢、 夢」

 松本が過去最高と評した2019年の『M-1』。振り返ってみれば、そこにはいくつもの「うねり」があった。番組の空気はその都度、一変した。反転に次ぐ反転。それはまるで、ミルクボーイの漫才のようだった。

飲用てれび(テレビウォッチャー)

関西在住のテレビウォッチャー。

サイト:記事一覧

Twitter:@inyou_te

いんようてれび

最終更新:2021/09/21 10:22
1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真