日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐メンバーに収入格差!?

嵐メンバーに収入格差!? リーダー大野智だけ“完全孤立”しているワケとは?

文=日刊サイゾー

 今年最も大きかったジャニーズ関連のニュースといえば、嵐・二宮和也の結婚だろう。

 先日、都内で行われた『2020年用年賀状 受付開始セレモニー』では、二宮が8分間に渡って結婚についての取材に初めて対応した。

「結婚のタイミングを聞かれた二宮は、2020年末の活動休止まで待つようにというメンバー、コンサートツアーが終わるまで待つようにというメンバーがいたことを告白。一部で報じられていたメンバー間の亀裂が確定的となりました」(スポーツ誌記者)

 一方、収入面でみると、あるメンバーだけが“孤立”してしまっていたようだ。週刊誌記者が明かす。

「発売中のエンタメ誌の長者番付特集によれば、嵐メンバーでは櫻井翔が4億5,000万円でトップ。これに二宮が3億6,000万円、松本潤が3億2,060万円、相葉雅紀が3億円と続くのですが、リーダーの大野智だけが圏外となっています。格差ができるのは主にCMが原因で、報道キャスターをやっている櫻井はそれに加えCM10社契約が大きい。彼が出ているというだけで生命保険に入る女性もいるようで、ギャラ相場も他のメンバーよりも高くなっている。そして、松本、二宮、相葉も8~10社と契約しているのに対し、大野は2社に留まっています」

 確かに大野をテレビで見る機会は、嵐として出演する番組がほとんど。なぜこれほどの格差が生まれたのだろうか。

「彼は、嵐の活動休止会見を行った際に矢面に立った。そこで“言い出しっぺ”のイメージがついてしまったことで訴求力が弱まってしまったのは否めません。後の報道では、二宮が結婚を強行突破しようとしたことが活動休止の原因とされていますから、大野は少し気の毒です。また、大野は21年からタレント活動を休止する意向を持っており、そのまま芸能界からフェイドアウトする可能性が高い。そのため、わざわざ起用しようという企業が少ないのでしょう」(業界関係者)

 すでに活動休止前からガタガタな嵐だが、このまま残りの1年間を完走することができるのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/24 17:55

嵐メンバーに収入格差!? リーダー大野智だけ“完全孤立”しているワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

「平野くん、グレープカンパニーは?」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真