日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > “半沢縛り”で改編できないTBS

堺雅人が無理難題も!? “半沢縛り”のおかげで改編に着手できなくなったTBSの苦悩

文=日刊サイゾー

堺雅人

 来年4月期に堺雅人主演の人気ドラマの続編「半沢直樹」を放送するTBSだが、1月3日にスペシャルドラマ「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~」を放送する。

 同ドラマは「半沢」のスピンオフで、東京中央銀行の行員・半沢が、出向先の子会社「東京セントラル証券」に赴任後に起こった事件を描く。

「主演は再来年の大河ドラマの主演に決まり勢いに乗る吉沢亮。緒形直人、尾上松也、井上芳雄ら演技派が脇を固め、今田美桜がヒロインをつとめる。新年のこのドラマの視聴率である程度本編の視聴率が計算できるでしょう」(テレビ誌記者)

 2013年に放送された前作は、最終回の平均視聴率が42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。主人公の決めゼリフ「倍返しだ!」が流行語になるなど、社会現象となった。

 それから7年の時を経てようやく続編制作となったが、なんとか説き伏せた堺が、かなりの無理難題を突きつけているというのだ。

「『前作のキャストを総入れ替えしてほしい』との要求だったが、前作の人気の要因の1つが香川照之や片岡愛之助らの“顔芸”。それ以降、“顔芸”はTBS日曜劇場の十八番となった。視聴者にもなじみのあるキャラばかりなので、そう簡単には受け入れられないはずだが、堺の機嫌を損ねるわけにはいかないので、渋々受け入れたようです」(テレビ局関係者)

 おまけに、来年は大々的に「半沢直樹イヤー」を掲げているおかげで、TBSは改編にも着手できなくなってしまったようだ。

「同局では、フリーアナの夏目三久がMCを務める朝の情報番組『あさチャン!』の視聴率が2%台目前まで落ち込み、本来ならばそろそろ夏目アナを降板させたいところ。それなのに、夏目が堺と同じ事務所のため降板させることができず、早くても半沢の放送が終わる7月までは改編に着手できないとも。堺頼み、半沢縛りのせいでTBSは自らのクビをしめています」(スポーツ紙記者)

 これで「半沢」まで思ったような数字を取れなかったら、TBSはシャレにならない事態を迎えることになりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/26 16:14

堺雅人が無理難題も!? “半沢縛り”のおかげで改編に着手できなくなったTBSの苦悩のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真