日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『半沢直樹』出演者総入れ替え?

香川照之はどうなる? 堺雅人が『半沢直樹』出演者総入れ替え要求であのドラマの二の舞いに!?

文=日刊サイゾー

堺雅人

 吉と出るか凶と出るか……。

 来年4月にスタートする堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』(TBS系)の続編に関する情報を12月17日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じ、話題を呼んでいる。

「記事によると、堺サイドがTBSに対し『“半沢”の色を変えたい』と、キャストの総入れ替えを要求。しかし、すでに上戸彩や北大路欣也にオファーを出していたため、前作のキャストのシーンを減らすことで調整していくようです。『半沢直樹』の視聴率を牽引した香川照之演じる大和田常務の出演も危ぶまれており、続編というよりまったく別物のドラマになりそうな気配です」(テレビ誌ライター)

 続編までに7年も待たされた視聴者の期待値はMAXに膨れ上がっているが、下手をするとあのドラマの二の舞いになる可能性もありそうだという。前出・テレビ誌ライターが続ける。

「12月10日に最終回を迎えた阿部寛主演の『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)ですよ。2006年に放送された前作の平均視聴率は16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でしたが、今作は9.4%。最終回も2桁に届かず不発に終わりました。その大きな原因とされているのがヒロインの総入れ替え。夏川結衣、国仲涼子、高島礼子から吉田羊、深川麻衣、稲森いずみに変わったことで、前作のファンからは大ブーイングが巻き起こりました。とりわけ深川の棒演技は放送のたびにネット上でバッシングされていたほどです」

 視聴率42.2%を記録した最終回で大和田常務が見せた土下座は“怪演”として語り継がれている。そんな香川の代役は早々見つからないような気がするが、果たしてどうなる?

 

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/21 10:00

香川照之はどうなる? 堺雅人が『半沢直樹』出演者総入れ替え要求であのドラマの二の舞いに!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

高橋克実、俳優復帰も不安を指摘

 今年9月いっぱいで終了するフジテレビ系の午...…
写真
インタビュー

コロナ以後の里山資本主義

『デフレの正体』(角川oneテーマ21/2010年)、『里山資本主義』(NHK広島取...
写真