日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 2019年のK-POPベスト10
K-POP番長と振り返る2019年のK-POP

【K-POPベスト10-2019】キーワードは「ガールクラッシュ」トップはやっぱりBLACKPINKか?

文=構成:カルロス矢吹

K-POPの新たなファン層を作ったBLACKPINK

1位 BLACKPINK/Kill This Love

矢吹:1位はやはりこの人達ですか。今年は日本だけでなく世界中で大活躍でしたね。文句なしでしょう。

まつもと:トラックだけでなく歌い方も海外、特にアメリカ受けするだろうなという仕上がりですよね。曲を作ってるのはTEDDYという韓国人なんですけど、20年以上ずっと海外で認められるダンスミュージックを追求してきた人です。これだけ世界で売れて、嬉しいだろうなあ、と。

矢吹:今年のテーマのひとつ、“ガールクラッシュ”の象徴的な存在でしたね。

まつもと:最初の総括で話した“海外進出の充実”。その象徴もBLACKPINKだと思います。今ワールドツアーをやっていて、先日も東京ドームでコンサートを開催したんですが、明らかにファン層が変わってきています。“K-POPアーティスト”ではなく、“外タレ”を見にきたティーンエイジャーが騒いでる。今までのK-POPブームとは無縁の新たな層が出てきた、そのきっかけを作ったのがBLACKPINKだと言えるでしょう。

矢吹:こんな感じでまつもとさん選出の2019年K-POPトップ10を見ていきましたけど、最後に希望込みで大丈夫ですので、2020年の予測を聞かせていただけますか。

まつもと:9位で紹介した竹内美宥の様に、それなりに実績のある日本人アーティストが、新たな展開を求めて韓国へ行く、この傾向が加速していって欲しいですね。そして韓国のプロデューサーと組んで、知られざる一面を見せる。言葉は陳腐ですけど、それこそが“日韓の理想的なタッグ”なんじゃないかな、と。オーディション番組の投票不正操作問題で活動が止まってしまいましたけど、IZ*ONEもそうでしたからね。

矢吹:例えば、シティポップから影響を受けた楽曲がBLACKPINKの新曲になる可能性だってあるわけですからね。

まつもと:そういう日韓の音楽的交流って、今はなんとなく進んでいる感じですけど、2020年にはもう少し整理されて、上手い具合のバランスになると良いなと思いますね。

矢吹:本当にそうですね。ではそうなることを期待して、2020年もK-POPシーンを注視して行きましょう。まつもとさん、ありがとうございました!

まつもと:こちらこそ、ありがとうございました!

◇ ◇ ◇

カルロス矢吹
作家、1985年宮崎県生まれ。音楽など世界各地のポップカルチャーを中心に執筆を続け、K-POP番長まつもとたくおと一緒に定期的にK-POPイベントを開催している。著書に「北朝鮮ポップスの世界」(花伝社、髙英起との共著)「アフター1964東京オリンピック」(サイゾー)など多数。

まつもとたくお
音楽ライター。ニックネームはK-POP番長。『ミュージック・マガジン』や『ジャズ批評』など専門誌を中心に寄稿。ムック『GIRLS K-POP』(シンコー・ミュージック)を監修。K-POP関連の著書・共著もいくつか。LOVE FM『Kore“an”Night』にレギュラーで出演中。

最終更新:2020/01/07 17:30
123

【K-POPベスト10-2019】キーワードは「ガールクラッシュ」トップはやっぱりBLACKPINKか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真