日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 香取慎吾の初ソロ首位も微妙?

チャート1位も数字は微妙!? 香取慎吾、地上波復帰も初ソロ売り上げの追い風にならず?

文=日刊サイゾー

香取慎吾

 元SMAPの香取慎吾の初ソロアルバム『20200101』が6万6,295枚を売り上げ、2020年1月13日付の週間アルバム・セールス・チャート「Billboard JAPAN Top Album Sales」で首位を獲得した。

 同チャートの集計期間は2019年12月30日から2020年1月5日までで、香取のアルバムは元旦に発売。そのため、めぼしいライバル歌手がおらず、同チャートの2位は昨年紅白に初出場した、Official髭男dismの「Traveler」だった。

「香取、稲垣吾郎、草なぎ剛の3人は共同ファンクラブ『新しい地図 NAKAMA』を運営。その会員数は約17万人と言われているだけに、もっと売れるかと思われていた。音楽チャートはよほどのロングセラーにでもならない限り、1週目の売り上げが最高を記録することが多い。それから推測すると、10万枚いくかどうかというところでは」(音楽業界関係者)

 ちなみに、SMAPの解散直前に発売した、ベスト盤の推定売り上げは約120万枚を記録。今回はソロアルバムだけに、単純には比較できないが、その数字からしても寂しい結果になってしまった。

「元SMAPの3人は、昨年おおみそかには日本テレビ系『ガキの使い!大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール』に、今年1月2日放送のテレビ東京系『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』の3時間SPに出演。地上波復帰が香取のアルバム発売の“追い風”になると思いきや、そう都合良くはいかなかった」(芸能記者)

 1月8日には同じく元SMAPの木村拓哉が初のソロアルバム『Go with the Flow』を発売。主演した4日と5日放送のフジテレビ系ドラマ『教場』が評価がかなり上々で、番宣でもアルバムの宣伝をしていただけに、香取とのアルバム対決は香取にとって厳しい結果になりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/09 10:28

チャート1位も数字は微妙!? 香取慎吾、地上波復帰も初ソロ売り上げの追い風にならず?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真