日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 国母和宏被告の“大麻礼賛”裁判

反省してませーん!? スノボ国母和宏被告の初公判は、前代未聞の“大麻礼賛”裁判に

文=日刊サイゾー

IMGジャパン公式サイトより

 米国から国際郵便で大麻ワックス約57グラムを密輸した大麻取締法違反罪などに問われた元五輪代表のプロスノーボーダー・国母和宏被告の初公判が8日、東京地裁で開かれた。

 国母被告と言えば、腰パン姿と記者会見での「反省してま~す」発言が有名だが、この日は黒のスーツ&ネクタイ姿で入廷。起訴内容を認めた上で、まずは「たくさんの人に迷惑をかけることになり、反省してます」と謝罪したが……。

 国母被告を担当する丸井英弘弁護士がとにかくヤバかった。「大麻を刑事罰の対象にすべきではない」という考えのもと、証拠として「大麻入門」なる本や、自身の論文、外国での大麻解禁を伝えるニュース記事を片っ端から提出した。

「そのくせ、国母被告のプロフィールはウィキペディアからの転用でした」とは取材したスポーツ紙記者。さらに同弁護士は国母被告のスノーボーダーとしての実力を絶賛し「世界一の選手」「イチローのような国民栄誉賞級の人物」と持ち上げた。

「国母被告もまんざらでもない様子で、スノボ界での功績を饒舌に話していました。注目の裁判ということで、丸井弁護士と国母被告も“自分アピール”に必死でした」(同)

 国母被告は今後の大麻との関わり方について聞かれ「違法なことはしません」と連呼。大麻は北米などでは解禁されている地域もあり、日本でも”使用”だけでは処罰されない。

 そこに引っかかった裁判官は「一切、大麻に“関与”しないわけではないのか?」と問いかけたところ、国母被告は10秒間ほど考えた末に「(大麻は)繊維として利用するとか、オイルを抽出するとか、全てが違法ではない。自分はとにかく違法なことはしません」と答えた。その瞬間、傍聴席にいた誰もが「やめるつもりはないな」「反省してないな」と感じたのは言うまでもない。

「丸井弁護士は大麻推進派の間では有名な人だが、国母被告もこれからそうした運動に参加していくようです。元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)さんらとコラボする可能性も浮上しています」(社会部記者)

 検察の求刑は懲役3年で、今月28日に判決がくだる。前代未聞の“大麻礼賛”裁判の行方は――。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/10 11:48

反省してませーん!? スノボ国母和宏被告の初公判は、前代未聞の“大麻礼賛”裁判にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

櫻井翔、目撃された無防備な姿

今週の注目記事・第1位「櫻井翔(37)『元ミ...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...
写真