日刊サイゾー トップ > カルチャー  > FINAL SPANK HAPPYとは?

「鳥貴族でも流れるポップスがやりたかった」菊地成孔の“アヴァター”によるFINAL SPANK HAPPYとは何か?

文=宮崎敬太

 菊地成孔のポップス・ユニットであるSPANK HAPPY。1994年にデビューし、第1期・第2期と進化を遂げ、2007年に活動終了となったこのプロジェクトは、音楽ファンから「15年早かった」と評価されているが、18年にFINAL SPANK HAPPY(最終スパンクハッピー)として再開した。そして、1stアルバム『mint exorcist』を19年10月にCDで、12月には配信でもリリース。ただし、菊地は参加せず、“アヴァター”のBOSS THE NKと“新人シンガー”のODによって本作は制作された。ODはCRCK/LCKSなどの活動で知られる東京藝術大学出身の才人・小田朋美と同一人物ほどに似ているが、まったくの別人だという。今回はそんな2人に、それぞれの関係、そしてアルバム制作の意図や経緯について、語ってもらった。


FINAL SPANK HAPPY『mint exorcist』(ビュロー菊地)
CD:3500円+税 https://www.bureaukikuchishop.net/spank-happy
配信:https://linkco.re/uYhyRy6U

ポップスはその時代に評価されないと意味がない

ーーFINAL SPANK HAPPYは菊地成孔さんによるユニットにもかかわらず、本人が参加していないのはなぜですか? 

BOSS THE NK(以下、BOSS) 菊地君は単純に、再開を宣言したものの、多忙につき難しくなった。彼もあと数年で還暦だし、ポップスを歌ったり踊ったりは無理だと踏んだんでしょう。私は過去、何度か彼のアヴァターとして仕事をしていますので、またオファーが来た、というだけです。全権を委譲されました。最初に困ったのは仕事の規模と責任ではありません。こいつ(OD)が、事もあろうに小田朋美さんとそっくりだった。僕はアヴァター前提だからまだいいけど、小田さんにはあずかり知らぬことですし。そして、そうなると「菊地成孔と小田朋美のグループ」というふうにリスナーは把握します。菊地君の多彩さと、小田さんの学歴(東京藝大作曲家卒=坂本龍一の後輩)を掛け合わせると、「どんだけアカデミックでハイクオリティな音楽かよ?」と警戒されます。これはやりながらなんとかするしかないと思いました。

OD ソックリではあるデスが、こうしてFINAL SPANK HAPPYは自分とBOSSのプロジェクトじゃないスか。ミトモさん(ODは小田をこう呼ぶ)とは仲良くさせていただいてるじゃないスか(笑)。

ーーそもそも、なぜSPANK HAPPYは復活したんですか?

BOSS 菊地君が再開を宣言しちゃったといっても、活動するに足る相方を見つけることは絶対条件でした。運良く天才であるコイツと出会ったからですね。菊地君は本当にポップスが大好きで、ほとんどマニアといっても差し支えないほど。いろんなポップスを聴いて、それぞれの時代のフロアで踊って、その歴史にも精通している。私もアヴァターとして、そこは抑えています。ただ、彼の症状だと思いますが、彼がひとりで好きなように音楽を作ると、「15年早い」みたいな音楽になってしまうんですよ。ポップスは、その時代に評価されないと意味がない。ジャストのタイミングで提供できないと。彼はその症状を克服する、ということもミッションにしていました。

OD そうだったんスか~? でも、なんで自分だったんスか?

BOSS 第一には、予定外にWアヴァターみたいになって、マーケットが混乱するということ、第二には、そうですね、小田朋美さんは、クラシカルな知識とスキルを持ったコンサバ寄りのコンポーザーで、バッハを神と崇めています。古典に対するリスペクトつスキルがハンパなく深い。ODも、奇しくも、ポップスのことを何も知らなかったり、クラシックピアノが弾けたり、作曲ができたりするという点で、小田さんとの類似がありますが、小田さんよりもっと暴れん坊で、ポップなんですね。なので、菊地君の近代主義的な、進歩進歩の悪癖を、ODに抑止してもらいたかったんです。そうしたら、作用と反作用みたいみたいな感じで、インジャストのポップスができると思いました。

OD 自分は川崎のパン工場で、工員さんたちに歌っていただけなんで、最初はボスをひとさらいと思っていたじゃないスか(笑)。でも、事情を聞いて、一緒にやるようになって、まず、「夏の天才」という曲を最初に作ってみて、確かに「これはちょうどいい」と思ったデス。ボスの作曲と自分の作曲はかなり違うデスね。「それは変じゃないスか?」「そんなことやっていいスか?」みたいなことばかりだったじゃないスか。でも、でき上がった曲はムチャクチャよかったじゃないスか(笑)。

BOSS ですね。菊地君も、自分でやっていた前期のSPANK HAPPYの頃とはまったく違う手ごたえを感じてゴーサインを出しました。我々は、欅坂46、Perfume、米津玄師さんとかを聴いているような人が聴いても「これ切なくてイイよね」と言っちゃうような、鳥貴族で流れていても違和感がない、そして同時にクラブでも流れるポップスがやりたかったんです。そりゃあ、現代の音楽産業やマーケットに文句を言おうと思えば言い放題です。でも、良い面は必ずあります。

OD 鳥貴で「エイリアンセックスフレンド」が流れたら、それはかなりアツいじゃないスか(笑)。

1234

「鳥貴族でも流れるポップスがやりたかった」菊地成孔の“アヴァター”によるFINAL SPANK HAPPYとは何か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

ダンサー君島かれんの野望

 グラマラスなボディを武器に、全国各地のクラブのステージで扇情的に踊ってきた川崎市出...
写真