日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 高畑充希「ブス会」報告も困惑

高畑充希、10年目の“ブス会”報告もネットから困惑の声「絶対ブスって思ってなさそう」

文=日刊サイゾー

インスタグラム:高畑充希(@mitsuki_takahata)より

 女優の高畑充希が「ブス会」を開催したことを報告した。

 ブス会とは、高畑と元AKB48の前田敦子、俳優の池松壮亮、柄本時生で構成されている親睦会のこと。2010年に放送されたドラマ『Q10』(日本テレビ系)で共演して以降、メンバーは仲が良いことで知られている。

 定期的にこのブス会を開催し、SNSなどでも報告している4人だが、高畑は19日にインスタグラムを更新し、「ブス会」とハッシュタグを付けつつ、4人で撮影した写真を公開。そこには楽しそうに鍋を囲んでいる4人の姿が写っており、仲睦まじい様子が伝わってきた。

 ハッシュタグで「カワイイは正義」「ブスだって正義」ともつづっていた高畑だが、ファンからは、「楽しそう!」「全然ブスじゃないよ!」といった声が殺到。その一方ネット上では、「(絶対自分のこと)ブス(だと思ってない)会」「楽しそうだけど、絶対ブスって思ってなさそう」「確かにブスだね!っていったら怒りそう」といった冷ややかな声も少なくなかった。

 高畑が自称するほど“ブス”ではないために、一般ネットユーザーからすれば違和感しかない会の名称に思えるようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/22 07:30

高畑充希、10年目の“ブス会”報告もネットから困惑の声「絶対ブスって思ってなさそう」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記」

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

のん『星屑の町』で見せた実力

 地に足を着けて生きていくことができない人々...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

 俳優が売れるか売れないかは、大きな事務所に所属しているかどうか次第。長い間、ずっと...
写真