日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 不倫報道の鷲見玲奈が復帰

新たな“テレ東伝説”が誕生か? 不倫騒動で大騒ぎした鷲見玲奈アナがしれーっと復帰

文=日刊サイゾー

テレ東の女子アナの人材不足で苦肉の策か?

 こうなると解せないのは、CMや五輪番組の降板だ。しかも相手のアナはアナウンス職を解かれている。この1~2か月間に鷲見の周辺で何が起こったのか。テレ東の事情に詳しい芸能誌記者はいう。

「間違いなく大きいのは、テレ東の女子アナの人材不足でしょう。かつては大橋未歩というエースがおり、人気抜群の大江麻理子、元モー娘。の紺野あさ美らがいましたが、大橋と紺野は退社し、大江は報道に専念しています。1月24日放送の民放共同企画の五輪特番も、日本テレビが桝太一、TBSが安住紳一郎、フジテレビが宮司愛海、テレビ朝日は弘中綾香なのに対し、テレ東は竹崎由佳ですからね。ハッキリ言って『誰?』といった感じでしょう。

 その点、鷲見玲奈は男性人気抜群で知名度も高い。しかも、他局出身アナが多いなか、鷲見は生え抜きで、社内の人気も抜群です。もし、鷲見がいなければ、東京五輪は『モヤモヤさまぁ~ず2』を担当した福田典子と竹崎で行くことになりますが、その2人ではいかにも弱すぎる。例え不倫が事実でも、局アナ2人を一気に飛ばしたら、テレ東のイメージはガタ落ちです。しかも他のキー局ならともかくテレ東ですからね。うやむやなままで終わっても、誰からも文句は出ないという結論に落ち着いたんでしょう」(芸能誌記者)

 ネットでは、重大事件や事故が起こっても番組編成を変えないテレビ東京を称える「テレ東伝説」が有名だが、どうやらまた、新たなテレ東伝説が誕生したようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/24 14:32
12

新たな“テレ東伝説”が誕生か? 不倫騒動で大騒ぎした鷲見玲奈アナがしれーっと復帰のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

AI投資はまだまだ危ない!

 以前から、国は銀行預金より投資を勧めていま...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真