日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 乃木坂の不人気メンがゴボウ抜き

乃木坂46きっての不人気メンバーが、最後尾から一気に“ゴボウ抜き”のカラクリ

文=日刊サイゾー

乃木坂46公式サイトより

 日本の音楽シーンはここ10年ほど、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、乃木坂46、欅坂46、日向坂46など、女性アイドルグループが大流行だが、これだけ人数がいれば、不人気メンバーが生まれるのも仕方がない。華やかに見えるアイドル界だが、10代の女の子には過酷すぎる現実がある。

「握手会は東京ビッグサイトや幕張メッセ、インテックス大阪など、だだっ広いコンベンションセンターで行われ、万単位のファンが会場を訪れますが、憧れのメンバーと握手できるのはもちろん、各メンバーの人気がひと目で分かるのも見どころの1つです。ファンは握手したいメンバーのレーンに並びますが、大行列ができるメンバーがいる一方で、待ち時間ゼロのメンバーもおり、そういったレーンは『滑走路』と呼ばれます。そこで奮起する子ももちろんいますが、人気が無い現実を目の当たりにしてグループを辞めていく子もいる厳しい世界です」(エンタメ誌記者)

 アイドルもビジネスである以上、人気のないメンバーが淘汰されるのは当たり前。メンタルが弱い子にはまず無理だ。紅白歌合戦に連続出場し、ミリオンヒットを連発する乃木坂46にも不人気メンバーはいるが、ここにきてノーマークだったメンバーがにわかに存在感を増しているという。キー局関係者がいう。

12

乃木坂46きっての不人気メンバーが、最後尾から一気に“ゴボウ抜き”のカラクリのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

DJ HASEBE語る志村けん

 志村けんが逝去してから1カ月以上が経っても、テレビ業界をはじめ、一般層にも広がる志...
写真