日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 乃木坂の不人気メンがゴボウ抜き

乃木坂46きっての不人気メンバーが、最後尾から一気に“ゴボウ抜き”のカラクリ

一度も選抜に選ばれたことがないのに重宝される乃木坂メンバーとは?

「ここ最近、乃木坂46で重宝されているのが山崎怜奈です。山崎は一度も選抜メンバーに選ばれたことがなく、人気は最下位クラスでしたが、慶応大学に通っているため、“インテリ枠”でクイズ番組に起用されるようになったほか、歴史にも詳しく、“歴女”としてNHKなどに起用されています。

 テレビ局としては、乃木坂46はとにかく数字(視聴率)を持っているので、誰でも良いからとにかくメンバーを起用したい。そうすればテレビ欄に『乃木坂メンバー』と、書けますから。理想を言えば、白石麻衣、齋藤飛鳥、秋元真夏、生田絵梨花、高山一実など、人気メンバーを使いたいところですが、山崎の『慶応』という肩書や『歴女』という括りは、番組の構成上、非常に使いやすいのは事実です」

 前出のエンタメ誌記者は、山崎についてこう語る。

「乃木坂46からは市來玲奈(日本テレビ)、斎藤ちはる(テレビ朝日)と、2人続けてキー局の女子アナが誕生しており、慶応に通う山崎もゆくゆくは女子アナになるのではないかと言われていました。しかし彼女はすでに大学4年生で、女子アナの内定情報も無いので、このまま乃木坂46メンバーとしてやっていくようですね。乃木坂46では、将棋番組のアシスタントを務めた伊藤かりん(昨年卒業)や、麻雀好きで麻雀番組を持つ中田花奈なども、特技を活かして活路を見出しています。こういった成功例を見ると、今後も色々なジャンルに手を出すメンバーが続出するでしょう」(前出・エンタメ誌記者)

 まさに「芸は身を助く」を地で行く山崎。ただ、少しでも底の浅さを見せれば“ビジネス”と捉えられてしまうだけに、たゆまぬ努力は要求されそうだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/01/31 17:55
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed