日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 友近、吉本離脱はマネにもう限界

友近、吉本興業と専属エージェント契約へ……マネジャーの“レベルの低さ”に耐え切れず!?

文=日刊サイゾー

吉本興業公式サイトより

 お笑い芸人の友近が、所属している吉本興業と専属エージェント契約を結ぶことが報じられた。実現すれば、同様の契約は極楽とんぼの加藤浩次、闇営業問題から30日に芸能界復帰したロンドンブーツ1号2号の田村亮に次いで3人目となる。

 バラエティー、ドラマ、歌手活動など活動の幅が広かった友近。

「闇営業問題の際も、出演するワイドショーで自身の見解をはっきりと述べるなど、吉本の上層部に対して、正論で責め立てていた友近。吉本に居づらくなったのは間違いないでしょう」(週刊誌記者)

 芸達者な友近だけに、専属エージェント契約でも不安はないように思えるが、お笑い関係者は「友近なりに、吉本時代は苦労は多かった」と振り返る。

「週刊誌がこぞって友近のパワハラ疑惑を報じていましたが、はっきり言って吉本興業のマネジャー社員のレベルが低すぎるんです。1人で多数の芸人を担当しなければならないというマンパワー不足もあり、伝達ミスで細かいトラブルを上げたらキリがないほど。専属エージェント契約になると、友近サイドで人材を集めて、自分の専属マネジャーを育てなければいけない。これまでのような悩みもある程度、解決できるのでは」(同)

 加藤、亮、そして友近。それぞれ異なる事情を持つ3人だが、こうした契約変更で、仕事を減らされることがないようにしてほしいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/03 09:22

友近、吉本興業と専属エージェント契約へ……マネジャーの“レベルの低さ”に耐え切れず!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

れいわ新選組の躍進の謎に迫る

 7月に行われた参議院選では、与党側が選挙前の147から141へと議席を減らした一方、...
写真