日刊サイゾー トップ > 社会  > 「首里城募金詐欺」にご用心!

「首里城募金詐欺」にご用心! 架空の口座を複数開設、Twitterで拡散「1口座あたり30~40万円のアガリ」

文=伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

首里城公園公式サイトより

 振り込め詐欺に仮想通貨詐欺、地面師詐欺……。詐欺師たちは世相の流れを読み、その時々で手口を変幻自在に変える。まさに彼らの「シノギのネタ」は日々のニュースの中に転がっているともいえるが、昨秋に世間を騒がせた惨事に早くも目をつけたようだ。

「最近、被害の報告が相次いでいるのが『首里城募金詐欺』です。『焼失した首里城の再建のため』と称してカネをだまし取る手口が広がっているそうです」(全国紙社会部記者)

 昨年10月31日未明、那覇市首里当蔵町の首里城で火災が発生。火の手は城郭内にある正殿など木造の建造物に燃え広がり、計7棟が焼失した。「沖縄の象徴」ともいわれた首里城については、沖縄県や那覇市が火災直後から県内外で寄付を募っており、集まった募金の総額は昨年末段階ですでに20億円を突破したとも伝えられている。

 その裏で、「首里城再建」を売り文句にした詐欺が横行しているというのだ。

「悪知恵が働く連中の中には、火災をカネにしようという者もいる。典型的な詐欺の手口としては、銀行に『沖縄県首里城復帰』といった名前で普通口座を開設。そこを募金の受付口座としてTwitterなどで拡散させ、入金させるというパターン。足がつかないよう、開設後、1週間ぐらい募金を集めたら、また別の銀行で口座を作る。それを繰り返すというのが連中の手口だ。実際に詐欺に加担した者は、『1口座あたり30~40万円のアガリがある』らしい」(事情を知る関係者)

 県民の喪失感につけ込んだ手口は不届き千万だが、県が募っている正真正銘の募金にも問題点が山積している。

「役所で集める募金は使途を明示せず、ただ『復興』『再建』を名目にしている。そこが後々問題の火ダネになる恐れがある。集まった資金をいざ使う段になった時、募金をした市民から『そんな使途のために募金したのではない』と反対の声が上がれば、たちまち議論は振り出しに戻り、集めた募金が宙に浮いてしまう恐れがある」(地元紙記者)

 このままでは、募金に対する信頼が失墜し、集まるはずの支援も集まらなくなってしまう可能性がありそうだ。

伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

伊芸有象(いげい・ゆうぞう)

1980年生まれ。在京新聞社や週刊誌を十数年渡り歩き、フリーのルポライターとして活動。犯罪や貧困問題などを精力的に取材している。

最終更新:2020/02/03 18:00
関連キーワード

「首里城募金詐欺」にご用心! 架空の口座を複数開設、Twitterで拡散「1口座あたり30~40万円のアガリ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

今日はお笑いの日!

お笑いコラムを一挙放出!
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

ザ・マミィ第8世代コント

 注目芸人を集めた『ツギクル芸人グランプリ2019』(フジテレビ系)で優勝を果たし、...
写真