日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > ローカル地方局合併の現実度

五輪後にメディア再編が!? 民放局“ネット配信”の裏にあるローカル地方局「合併」の現実度

イメージ画像

 在京民放テレビ5局が、今秋以降にも番組の同時ネット配信に踏み切る予定であることが分かった。視聴率低下のテコ入れ策としては有効だが、その裏には地方テレビ局の「合併」への動きが加速すると危機感を募らせる関係者は多い。

 すでにライバルのNHKは3月から地上波番組のネットへの試験的な同時配信が決まり、4月からは深夜帯を除き、ほとんどの時間が同時配信されることが決まっている。

「対抗する民放は独自の見逃し無料サービスのTVerでの配信が有力視されています」(在京民放局編成担当者)

 今後は配信時間、番組内容、出演者許諾などの調整が必要になるが、かねてこの動きを察知していたローカル局中堅スタッフからは「死活問題に直結するのは間違いない」との声も飛び出している。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真