日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 東出昌大、嫌悪された最低の口癖

自慰行為とは無縁!? 東出昌大、業界関係者が嫌悪していた“最低の口癖”とは?

文=日刊サイゾー

東出の自慢は女遊びで忙しく「オナニーしたことがない」こと?

「東出の女癖の悪さは共演者への口説きだけにはとどまりません。可愛い女性スタッフを見つけるや、壁ドン気味に近づいてLINEアドレスを聞きまくる。また、男性スタッフには“どこどこの女が良かった”と、不倫を隠すどころか吹聴して回っていたといい、口癖は『オナニーをしたことがない』だったとか。おそらく、女遊びに忙しく自慰行為をする必要がないとアピールしたかったのでしょう。唐田以外にも都合のいい女を抱えていたことを自慢げに匂わせていました」

 そうした東出の日頃の言動を快く思っていないスタッフたちから、さまざまな情報がリークされているのも、この騒動が収束しない理由か。事務所関係者からは「大物スター」のように扱われていたとも報じられている東出。「杏の夫」の肩書きがなくなれば、業界に居場所はすぐになくなりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/05 17:30
12

自慰行為とは無縁!? 東出昌大、業界関係者が嫌悪していた“最低の口癖”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

 俳優が売れるか売れないかは、大きな事務所に所属しているかどうか次第。長い間、ずっと...
写真