日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > ピエール瀧復帰に地元から批判
距離が近かっただけに!?

ピエール瀧、早すぎる“俳優復帰”に地元・静岡から大ブーイング!

文=日刊サイゾー

ピエール瀧

 昨年6月、麻薬取締法違反で有罪判決を受けた電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧が、今月にも俳優活動を再開させると報じられた。逮捕から1年も経っていないなかでの芸能界復帰に関係者は複雑な心境のようだ。

 報道によると、瀧は来年公開予定の映画『ゾッキ』に役者として出演する予定。音楽関係者は「瀧の場合、逮捕前は才能多彩な芸能人であり、ミュージシャン。活動範囲も広く、逮捕でかなり迷惑をかけている。中には取引打ち切りで仕事に影響が出た関係者もいる。復帰を急いだのは、そこへの配慮もあるかもしれない」と語る。

 だが、芸能界でこれだけ薬物事案が広がり、しかも短期間で社会復帰できたとすれば当然、顔をしかめる関係者が多いのまた事実。瀧の地元、静岡のメディア関係者が明かす。

「瀧は長年、テレビ朝日系列のローカル局・静岡朝日テレビでレギュラー番組『ピエール瀧のしょんないTV』を担当。地方発のバラエティーとして話題にもなっていました。そんな最中で昨年、いきなり逮捕されたものだから関係者のショックは計り知れない。瀧と距離が近かった分、今回の復帰にも『執行猶予中の身なのにどうしてもう、仕事をやるの。本当に薬物を絶てたのか』と心配する関係者は多い」

 瀧の執行猶予は3年。再犯率が高い薬物事案だけに、しっかり再起を果たしてもらいたいところだが果たして……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/06 09:41

ピエール瀧、早すぎる“俳優復帰”に地元・静岡から大ブーイング!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真