日刊サイゾー トップ > 社会 > 災害  > 気候変動の熱さと日本の無関心
エッジ・オブ・小市民【8】

人類全体が初めて直面している脅威…気候変動の“熱さ”と日本の冷めた無関心

文=堀田功(ほった・こう)

小泉環境大臣の手腕に期待したいところだが……

 こうした国際的な動きがある中で、日本の企業、自治体からも「2050年までにCO2排出ゼロ」を宣言するところが出てきたが、あまり注目もされていないようだ。そもそも日本は国としての取り組みは遅れを取っており、気候変動対策に積極的でないことを皮肉る“化石賞”を2度受賞している。将来の首相候補に度々その名が挙がっていた小泉進次郎氏が環境大臣に就任し、「発信を強化する」と意気込みを見せていたが、話題になるのは「環境問題はセクシーに」や化石賞受賞時の謎のドヤ顔コメントなどの珍発言のほか、プライベートの不倫騒動ばかりである。肝心の環境問題についてはさっぱりだ。

 実際のところ、二酸化炭素排出量削減に関して、個人にできることはほとんどなく、政府や自治体、企業がアクションを起こさなくてはどうにもならない構造的な問題であることも事実だ。エコバッグやマイボトルを持ち歩くようにしたところで、世界の二酸化炭素排出量はびくともしない。だからといって、いつまでも他人事のままでは、本当に何も変わらず、環境後進国として日本はさらに世界から取り残されていくことになりかねない。そんな中、ちょっと将来に希望が持てる意識調査の結果を日本財団が発表した。これは日本全国の17~19歳の男女1000人を対象にした調査で、地球温暖化の原因について63.7%が「人間の社会活動によるもの」と回答、二酸化炭素の排出についても68.8%が「削減すべきだ」としている。本記事冒頭で紹介した調査に比べて、若者の意識は格段に高いことがうかがえる。とりあえず、小泉環境大臣には若い世代を代表する政治家として、こうした若者を牽引するような仕事をしてもらいたいと思うわけだが、あまり期待できそうもないのが辛いところだ。

堀田功(ほった・こう)

いくつかのペンネームでウェブ・雑誌記事を書いている雑文業。得意分野は特になく、「広く浅く」がモットー。

最終更新:2020/02/06 12:12
123

人類全体が初めて直面している脅威…気候変動の“熱さ”と日本の冷めた無関心のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真