日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > イッテQ!レギュラーリストラか

出演者のリストラ間近!? イッテQの祭り企画復活も“丸投げNG”で予算激増の弊害が

文=日刊サイゾー

ツイッター:日テレ公式@宣伝部@nittele_da_bear).より

 2018年11月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じた“ヤラセ疑惑”により封印されていた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の「祭り企画」が、ついに再開することとなった。1月25日にアメリカ・コロラド州で開催された『フルーツケーキ飛ばし祭り』に宮川大輔が参加、その模様を撮影していたという。

 今回の企画再開の第一報を出したNEWSポストセブンの記事によると、今回のロケには番組スタッフが15人ほど参加したとのこと。以前の祭り企画ではもっと少ない人数だったといわれている。

「元はといえば、現地のロケコーディネート会社を使っていて、そこが撮影のために祭りを作り出していたんです。制作サイドとしては、そのコーディネート会社に丸投げすれば、安い予算で企画を成立させてくれるということで重宝していた。でも、当然ながらそのコーディネート会社は使えなくなったはず。となると、日本のスタッフの方でしっかり撮影しなければならないことになる。その結果、帯同するスタッフが増えたということでしょう」(テレビ局関係者)

 もちろん、企画のために祭りを開催するなどありえないので、実際に行われている祭りを探し出す必要もある。

「単純にロケにかかる費用だけでなく、祭りを探してその実態を調べるための人件費もかかります。疑いの目をかけられている以上、1ミリの手抜きも許されない状況です。しっかり予算をかけなくてはならなくなったわけです。下手したら、これまでの数倍くらいの予算になってしまうかもしれません」(同)

12

出演者のリストラ間近!? イッテQの祭り企画復活も“丸投げNG”で予算激増の弊害がのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

みちょぱ、ゆきぽよが生き残る理由

 今回取り上げるのは、みちょぱ(池田美優)、...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

 現在、アウトサイダーアート界隈で話題の一人の女性アーティストがいる。今、大注目の若...
写真