日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > イッテQが雪辱も崖っぷちのまま

『イッテQ!』イモト結婚発表で7カ月ぶりに視聴率トップも崖っぷち状態は変わらず!?

文=田中七男

内村光良

 24日、内村光良が司会を務めるバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が番組史上初の生放送を行い、22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)と大台を突破。同日、ライバル番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)も19.7%の高視聴率をマークしたが、ハイレベルな戦いの末、『イッテQ!』が4月14日以来、7カ月ぶりに勝利した。

『イッテQ!』は昨年11月、祭り企画におけるヤラセが発覚し、視聴者からの信頼が失墜。視聴率はグングン下降し、気が付けば、同10月にレギュラー番組になった『ポツンと』に完全に逆転され、まるで勝てなくなっていた。

 24日の『イッテQ!』は初の生放送とあって、「何が起きるのか?」と視聴者の関心をあおり、レギュラー出演中のイモトアヤコが結婚を発表した直後の午後8時48分には、瞬間最高視聴率25.7%を記録した。

 “重大発表”を番組のエンディングまで引っ張るのはテレビ業界の常とう手段だが、内容によってはたいしたことではなく、批判を受けるケースもある。その点、同番組で育ったイモトの結婚発表なら、視聴者も好意的な声が多かったようだ。

 1月27日以来、久しぶりの大台超えで、7カ月ぶりに『ポツンと』に勝った『イッテQ!』だが、これは一過性のものでぬか喜びはしていられないだろう。

「ここ最近の『イッテQ!』は15%を割ることが多く、10月20日には、40%を超えた『ラグビーワールドカップ準々決勝 日本対南アフリカ』(NHK総合)の裏で、8.6%と1ケタ台にまで転落しました。一方、『ポツンと』は裏でどんな強い番組をやっていても、特別な演出などせずに安定して高視聴率をマークし続けています。事実、日テレが『ラグビーワールドカップ 日本対スコットランド』をオンエアして39.2%を獲得した同13日、『ポツンと』はその逆境でも16.4%とさほど影響を受けず、“強さ”を発揮しています」(テレビ誌記者)

 今回『イッテQ!』が『ポツンと』に勝ったとはいえ、今後も同じ手はそうそう使えない。前回の直接対決(11月10日)で、『イッテQ!』は14.9%で、18.1%の『ポツンと』に惨敗を喫している。『イッテQ!』が、打倒『ポツンと』を果たすためには、抜本的なテコ入れ策を講じるしかないだろう。

最終更新:2019/11/28 11:58

『イッテQ!』イモト結婚発表で7カ月ぶりに視聴率トップも崖っぷち状態は変わらず!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真