日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 日テレの日曜ゴールデン帯が崩壊

日テレのドル箱だった日曜ゴールデン帯が完全崩壊! テレ朝『珍百景』に完敗の惨状

内村光良

 かつては絶対的な強さを誇っていた日本テレビの日曜ゴールデン帯が、完全崩壊してしまったようだ。

 20日、多くの国民がラグビーワールドカップ準々決勝の日本対南アフリカ戦に熱狂したが、同試合を中継したNHK総合では41.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)もの驚異的な視聴率をマークした。

 その裏の民放各局では、残された小さなパイを巡って、熾烈な視聴率争奪戦を繰り広げていた。同日、“王者”日テレでは午後7時から『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!秋の2時間SP』をオンエアしたが、視聴率は『DASH!!』が7.9%、『イッテQ!』が8.6%とよもやの1ケタ台を記録する惨状だった。

 一方、ライバル局のテレビ朝日はどうだったか。同日は超人気番組『ポツンと一軒家』が休止で、苦戦も予想されたが、午後6時半から放送した『ナニコレ珍百景』2時間半スペシャルが11.3%で2ケタをキープ。前回(6日)の13.3%には及ばなかったが、ラグビー日本戦の裏で大善戦し、日テレに完勝した。

 それだけではない。テレ朝では同日、午後9時から、伊東四朗&羽田美智子主演『おかしな刑事』スペシャルを放送したが、これまた10.3%と2ケタ台を記録して、一部の時間帯でバッティングした『イッテQ!』を打ち負かしてしまったのだ。

「『イッテQ!』はもともと常時17~18%をマークしていましたが、昨年11月に発覚した“祭り企画”でのやらせの影響で視聴者の信頼を失墜し、視聴率が降下。気が付けば、昨年10月からレギュラー放送となった『ポツンと』にまったく勝てなくなってしまいました。『DASH!!』も、ここのところ低調続きで、『珍百景』に負けることが多くなりました。ましてや『イッテQ!』が『おかしな刑事』に負けたのは深刻です。20日のように、テレ朝に完敗を喫するようだと、先が思いやられます。『ポツンと』『珍百景』の主たる登場人物は一般人で、出演料がいりませんから、コストパフォーマンスも抜群にいい。一般人が主の番組に日テレの番組が負けているのですから救いようがありません」(テレビ誌記者)

 まさにドル箱だった日テレの日曜ゴールデン帯が崩壊したことで、テレ朝が日テレの視聴率3冠王を阻止する可能性も高くなったといえそうだ。

最終更新:2019/10/25 17:30
こんな記事も読まれています

日テレのドル箱だった日曜ゴールデン帯が完全崩壊! テレ朝『珍百景』に完敗の惨状のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真