日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > イモトと結婚の石崎Dは超高収入

イモトアヤコと結婚した“石崎D”、嵐からの「ご指名」でかなりの超高収入だった!?

ワタナベエンターテインメント公式サイトより

 タレントのイモトアヤコが、11月24日に放送されたバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演。番組ディレクターの“石崎D”こと石崎史郎氏との結婚を発表し、視聴者からは「本当にお似合い」と祝福の声が噴出している。

「2人の出会いは、もちろん『イッテQ』。イモトが珍獣ハンターのオーディションに参加した際に、審査員を務めていたのが石崎Dでした。それからは担当ディレクターとして、珍獣ハンターや登山のロケなどで1年のうち5カ月はイモトと共に過ごしていたといい、もはや相棒のような存在だった。マンキンリー登頂の際には番組中にキスをするなど、視聴者公認のカップルでしたね」(テレビ関係者)

 そんなか、一部メディアで報じられていたのが、2人の収入格差。石崎Dは日本テレビの所属ではなく、制作会社のスタッフということもあり、「良くても推定年収は800万円」との見方をされていた。しかし、あるバラエティ関係者はこう語る。

「石崎Dは制作会社に所属していますが、あくまでフリー的な契約になっていると聞きます。彼は『イッテQ』のほかにも、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)にも参加しており、その人柄と実力で嵐メンバーからの信頼は厚い。1流のディレクターにはタレントサイドから指名が入ることも多く、『ロケは石崎Dで』との声はトップクラスだった。当然、実入りもよくなります。もちろん、年収1億円前後と言われるイモトとの差は大きいまでも、2,500万円くらいではないかと推測します。きつい、汚い、危険、給料が安い4Kの代表と言われるテレビの裏方はなり手がどんどん減っていますが、今後ますます注目されそうな石崎Dは、テレビマンの希望の星になってくれそうです」

 この2人、実はかなりハイレベルな格差婚だったのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/04 15:49

イモトアヤコと結婚した“石崎D”、嵐からの「ご指名」でかなりの超高収入だった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

オタク議員・荻野稔氏辞職へ

 年の瀬に、大変なニュースが飛び込んできた。コミケにサークル参加したり、コスプレを用い...
写真