日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > イッテQ!、イメージ回復作戦

ヤラセ疑惑が尾を引く『イッテQ!』、イモトと石崎Dの結婚はイメージ回復作戦だった!?

日本テレビ汐留タワー

 11月24日放送の日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』で、イモトアヤコと同番組の石崎史郎ディレクターの結婚が発表された。番組史上初となる生放送でのサプライズ発表で、平均視聴率は22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と前週の15.2%を大幅に上回る好記録を叩き出した。

「世間の反応も完全に祝福ムードですし、企画的には大成功。このところはテレビ朝日系の裏番組『ポツンと一軒家』に押されっぱなしだったので、見事に一矢報いた形です」(テレビ誌記者)

 一方で、今回の生放送での結婚発表は“イメージアップ作戦”だったのではないかという指摘もある。

「昨年『週刊文春』(文藝春秋)が報じた同番組の“祭り”捏造疑惑について、BPOは放送倫理違反があったと判断しています。番組サイドとして、釈明のコメントを出しているものの、具体的な処分などは見えてこないままで、“ヤラセ問題のケジメはついていない”と考えている関係者も多い。そういったなかで、出演者とスタッフが結婚するというおめでたい話を持ち出すことで、問題をうやむやにしようとしているのではないか、という意見も聞こえてきます」(テレビ局関係者)

 ちなみに、イモトと結婚した石崎ディレクターがヤラセに関わっている可能性はないのだろうか?

「石崎ディレクターは日本テレビの社員ではなく、制作会社に籍を置くディレクターで、基本的には『イッテQ!』に関わることが多いようです。これまで具体的なヤラセ疑惑が持ち上がっているわけではないものの、『イッテQ!』の企画は過剰演出が多いのも事実ですからね……」(同)

 もしも、石崎ディレクターにヤラセ疑惑が浮上しようものなら、とんでもなく大きな騒動となるだろう。

「ただ、石崎ディレクターの場合、もともとロケVTRに登場することも多く、視聴者に親しまれている人物。さらにイモトと結婚したわけで、言うなればクリーンなイメージをアピールするための存在です。スタッフだって、誰がヤラセをやっているかわかっているだろうし、もしも石崎ディレクターがヤラセをしていたら、わざわざ番組に出すこともない。石崎ディレクターは、ヤラセとは遠いところにいる人物であると信じたいですね」(同)

 とはいえ、イモトと結婚したことで石崎ディレクターが芸能マスコミのターゲットとなったのも事実。都合の悪い事実が出てこなければいいのだが。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/11/28 12:00

ヤラセ疑惑が尾を引く『イッテQ!』、イモトと石崎Dの結婚はイメージ回復作戦だった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真