日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 鈴木杏樹、“お花畑不倫”の後始末

ラブホ出入りの姿まで撮られてた!? 鈴木杏樹、清純派女優が堕ちた“お花畑不倫”の後始末

文=日刊サイゾー

JAPAN MUSIC ENTERTAINMENT公式サイトより

 令和になっても芸能界は不倫が花盛りだ。

 今年の開幕を飾ったのは女優・杏の夫・東出昌大だったが、次いで報じられた鈴木杏樹と俳優の喜多村緑郎の不倫もまた興味深い。スクープしたのは、おなじみ“文春砲”だ。

 記事よれば、先月下旬に2人は千葉県内の海岸で人目もはばからずキスをしたり、休憩4000円の庶民的なラブホテルで熱いひと時を過ごしたという。

 文春記者の直撃に2人は言葉を濁したものの、発売された同誌を見て観念。スポーツ紙記者によれば「あまりに詳細な中身を見て『もう言い逃れできない』となったようです。文春は“海岸キス写真”を掲載していましたが、ラブホに出入りする写真も当然持っている。不倫を否定すれば、それが次号で載る可能性があるため、2人は認めざるをえなかった」という。

 喜多村は所属事務所を通じて「(報道は)事実」と認めた上で「今回の出来事は全てわたくしの責任です」と謝罪。杏樹は今年に入り喜多村から「独り身になるつもりでいる」と言われ、ソノ気になっていたようで「まだお別れが成立していない現状、今回の現状、今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後皆様にご迷惑をおかけすることのないように慎みます」とコメントした。

 これを受け、もっか“嘘”をついた喜多村に批判の声が集中しているが、業界関係者の一部からは同情の声も上がっている。

12
関連キーワード

ラブホ出入りの姿まで撮られてた!? 鈴木杏樹、清純派女優が堕ちた“お花畑不倫”の後始末のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真